« 一般公募で改修された緑園都市駅 | トップページ | 学生街のど真ん中、御茶ノ水駅 »

思い出深い神奈川駅

Photo 4年近く前H17年5月8日、旧東海道歩きをスタートさせ、最初に訪れた思い出深い宿場町は神奈川宿であり、最寄り駅は京浜急行本線「神奈川駅」。県名を名乗っているが、横浜の一つ手前の各停しか止まらない小さな駅だ。この小さな駅も「関東の駅100選」に選定されいる。その理由は「神奈川宿歴史の道」街づくりの一環として宿場町を模した駅となっている。
開業は1905年(明治38年)と古く、現在の駅舎は1992年(平成4年)に改修された物。清水の舞台をイメージした洒落た駅となっている。

Photo_2 旧東海道は鶴見あたりから国道15号線に沿って進み、神奈川駅からJR、国道1号線を渡り、高台に向かう。台町周辺が神奈川宿となる。このあたりは「神奈川宿歴史の道」として標識も整備されている。神奈川駅は切通しを狭いスペースの中JR東海道線と併行して設けられている。

Photo_3 Photo_4 Photo_5

Photo_6

住所 神奈川県横浜市神奈川区青木町1-1

神奈川駅

« 一般公募で改修された緑園都市駅 | トップページ | 学生街のど真ん中、御茶ノ水駅 »

関東の駅百選」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思い出深い神奈川駅:

« 一般公募で改修された緑園都市駅 | トップページ | 学生街のど真ん中、御茶ノ水駅 »

最近のトラックバック