« 異国情緒漂う「汐留シオサイト・イタリア街」 | トップページ | 閑散とした関西国際空港 »

活気溢れる両国駅

P1000893

昼から両国のホテルで工業会の理事会、賀詞交歓会があり昼前にJR総武線・両国駅に到着した。現在大相撲初場所真っ盛りで、朝青龍の復活、両横綱が全勝街道を突っ走り大いに盛り上がっている。そのせいかまだ昼前だと言うのに多くの人で賑わっていた。
構内には優勝記念の大きな額(三重の海と長谷川)が出迎える。

両国駅は「関東の駅百選」に選ばれているが、選定理由は「鉄筋2階建ての駅舎で相撲と共に歩んだ下町の代表となる駅」だとか。

P1000897 左手は1929年(昭和4年)開業時の駅舎が健在だ。今は飲食店街として利用されている。又、道行くお相撲さんも数多い。

P1000889 両国駅はかつては北の玄関・上野駅のように東の玄関・房総方面のターミナルであったようだ。1972年(昭和47年)総武快速が東京駅に入り、その役割は終わりを告げた。今もそのホームは残っている。向こうに見えるのは、篤姫の駕籠が展示され人気の江戸東京博物館。

P1000903

P1000900 P1000905

駅前の国技館にはカラフルな幟が立ち並び、当日券を求める人々で賑わっていた。

P1000912_2 P1000890_3
 江戸東京博物館の敷地内公園に亀に乗る像が立っている。浦島太郎の銅像と思いきや徳川家康とある。何故亀に乗っているの?

« 異国情緒漂う「汐留シオサイト・イタリア街」 | トップページ | 閑散とした関西国際空港 »

関東の駅百選」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 活気溢れる両国駅:

« 異国情緒漂う「汐留シオサイト・イタリア街」 | トップページ | 閑散とした関西国際空港 »

最近のトラックバック