« 秩父札所めぐりの基点、西武秩父駅 | トップページ | 山中無住の札所・第二番札所「真福寺」(しんぷくじ) »

札所巡りのスタート・第一番札所「四萬部寺」(しまぶじ)

四萬部寺Photo 日本百観音制覇を目指して秩父三十四ヶ所巡りをスタートした。秩父札所のおこりは、1234年(文暦元年)と伝えられ、室町時代後期には定着し、江戸時代には心の支えとして隆盛を見るようになったとか。秩父の自然の中、総延長約100kmを安らぎとご利益を求めて巡礼していきたい。

Photo_2 Photo_3 Photo_4

西武秩父駅から西武バス定峰行きに乗車し約25分栃谷下車。道しるべ石の案内に従い歩を進めると5分ほどで第一番札所「四萬部寺」に到着。門前には古を偲ばせる「旅籠一番」がムードを高めてくれる。

Photo_5 Photo_6 Photo_7 Photo_8

四萬部寺は落ち着きのある発願の寺だ。本堂(観音堂)は、元禄10年(1697年) 秩父の名匠により建造され県の文化財に指定されている。
四萬部寺の名の由来は、幻通と言う僧が4万部の仏典を読経して、経塚を築いたためとか。

Photo_9

本堂の右手にはユニークな八角形状の施食殿や巡礼用品を販売する納経所、往時を偲ばせる庫裏が立ち並ぶ。素朴ながらも第一番に相応しいお寺だ。

Photo_10 Photo_14

売店で納経帳や袋を購入し、ガイドをもらってさあスタートだ。

誦経山 四萬部寺

« 秩父札所めぐりの基点、西武秩父駅 | トップページ | 山中無住の札所・第二番札所「真福寺」(しんぷくじ) »

秩父三十四ヶ所観音巡り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 札所巡りのスタート・第一番札所「四萬部寺」(しまぶじ):

« 秩父札所めぐりの基点、西武秩父駅 | トップページ | 山中無住の札所・第二番札所「真福寺」(しんぷくじ) »

最近のトラックバック