« 青空の下「柴又帝釈天」から「矢切の渡し」を散策 | トップページ | 江東区と江戸川区の区界にある橋上駅「東大島駅」 »

懐かしの都電終着駅「三ノ輪橋駅」

Photo_36 京成電鉄町屋駅で都内に唯一残る都電荒川線に乗り換え、終着駅「三ノ輪橋駅」に到着した。「三ノ輪橋駅」も「関東の駅百選」に選ばれている。選定理由は「春には見事なバラが咲き揃う都内唯一の都電が走る停留所」となっている。

Photo_37 都電荒川線は早稲田と三ノ輪橋の間、12kmを走る。道路走行する区間が短いため、都電全廃を免れ、現在に至ったとの事。三ノ輪橋駅は乗車ホームと降車ホームが分かれ、乗車ホームは単線となっている。

Photo_38 Photo_39

選定理由にもある通りバラの花が駅の周囲に咲きほころぶ。都電沿線には色々なバラが植えられているようだ。バラの種類紹介看板が立っている。

Photo_40 都電は都民の足として定着しているようだ。多くの乗客が乗車のため並んでいる。

Photo_41 駅入口にはバラのアーチ上の門が立っている。

Photo_42 通常の認定看板とは別に認定書が掲示されていた。「三ノ輪橋駅」ではじめて見る認定書だ。

Photo_43 大きな交差点では優先権は無く、一般自動車や歩行者同様に信号待ちする姿に驚く。

Photo_44 前乗り、後ろ降りのワンマン運転で運賃は全区間一律160円となっている。

Photo_45 歩いて5分くらいの所に東京メトロ日比谷線「三ノ輪駅」がある。橋の有無の違いがある。

都電三ノ輪橋駅 荒川区南千住一丁目

« 青空の下「柴又帝釈天」から「矢切の渡し」を散策 | トップページ | 江東区と江戸川区の区界にある橋上駅「東大島駅」 »

関東の駅百選」カテゴリの記事

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしの都電終着駅「三ノ輪橋駅」:

« 青空の下「柴又帝釈天」から「矢切の渡し」を散策 | トップページ | 江東区と江戸川区の区界にある橋上駅「東大島駅」 »

最近のトラックバック