« 箱根を登る大平台駅のスイッチバック | トップページ | 伝統の阪神・巨人戦を熱烈観戦 »

ケーブルカーへ乗り継ぐ箱根登山電車「強羅駅」

Photo 学生時代の友人2人と帰阪の途中回り道して箱根登山鉄道のケーブルカーへの乗り継ぎ駅「強羅駅」にやってきた。この駅も「関東の駅百選」に選ばれている。選定理由は「周囲の自然に調和し、スイスをイメージした山小屋風の駅」とある。

Photo_2 ホームは到着ホームと出発ホームが分かれている。電車の中央に「30」と書かれた看板がある。これはスイスのレーティッシュ鉄道と姉妹鉄道提携を結んで30周年を示している。

Photo_3 標高553Mのこの駅でケーブルカーへ乗り換え、早雲山に向かう。その後ロープウェイで芦ノ湖へ通ずる。天候はイマイチだが今日も多くの観光客で賑わっている。Photo_4

駅構内も山小屋風の造りとなっている。

Photo_5 変則的な駅の構造だ。手前が到着ホームで、一旦スイッチバックして中央の出発ホームに入る。

Photo_6 Photo_7

姉妹鉄道のスイス・レーティッシュ鉄道から贈られた友好のカウベルや看板等が並ぶ。

Photo_8 お土産の「箱根登山鉄道・スイッチバックキット」

Photo_9 駅前には物産店が立ち並ぶ。

Photo_10

箱根登山鉄道の開業は1919年で箱根湯本駅から強羅駅まで15km、高低差約450mを37分で繋ぐ。

神奈川県足柄下郡箱根町強羅

« 箱根を登る大平台駅のスイッチバック | トップページ | 伝統の阪神・巨人戦を熱烈観戦 »

関東の駅百選」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ケーブルカーへ乗り継ぐ箱根登山電車「強羅駅」:

« 箱根を登る大平台駅のスイッチバック | トップページ | 伝統の阪神・巨人戦を熱烈観戦 »

最近のトラックバック