« 駅近くに小振りな大仏が立つ「鎌ヶ谷大仏駅」 | トップページ | 京成電鉄創設の「本多貞次郎」顕彰碑 »

学生がデザインした斬新設計の「船橋日大前駅」

Photo_31 西船橋駅から東葉高速鉄道で4駅12分で「船橋日大前駅」に到着する。この駅も「関東の駅百選」に選ばれている。その選定理由は「学園都市にふさわしい柱が無く未来空間を構成した利用者がデザインした駅」とある。

Photo_32 東葉高速鉄道は1996年に開業され西船橋駅と八千代市の東葉勝田台駅を結ぶ。西船橋では東京メトロ東西線へ乗り入れ運転をしており、都心にダイレクトに入ることが出来る。しかし、西船橋から10km足らず490円は少し高すぎないか。

Photo_33 西口は日大理工学部へ通ずる専用口のようだ。駅舎や周辺の設計も日大理工学部の手でなされ、平成9年の鉄道建築作品賞の運輸省鉄道局長賞を受賞しているとの事。

Photo_34 駅舎内は柱が無く大きな広がりを示し、バリアフリー設計にもなっている。

Photo_35 駅前には日大理工学部が広がる。

Photo_36 新たに設けられた東口は西口の基本コンセプトは踏襲しながらも木を巧みに使い落ち着いた仕上がりとなっている。

Photo_37新興住宅地を想定し駅前にはロータリーが作られ利便性にも優れている。

Photo_38 ロータリーには花々も沢山植えられ、安らぎを与えてくれる。

Photo_39 新興住宅地の中を東葉高速鉄道は疾走する。

Photo_40 船橋市坪井町1314-1

« 駅近くに小振りな大仏が立つ「鎌ヶ谷大仏駅」 | トップページ | 京成電鉄創設の「本多貞次郎」顕彰碑 »

関東の駅百選」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学生がデザインした斬新設計の「船橋日大前駅」:

« 駅近くに小振りな大仏が立つ「鎌ヶ谷大仏駅」 | トップページ | 京成電鉄創設の「本多貞次郎」顕彰碑 »

最近のトラックバック