« 神在月 出雲の国松江のシンボル「松江城」 | トップページ | 秋晴れの「日本橋」から「板橋宿」へ(中山道スタート) »

日本三大がっかり?倉吉・白壁土蔵群

Photo_7 鳥取県中央部に位置する倉吉市に初めて訪れた。訪問したお客様で名所を尋ねたところ、白壁土蔵群を紹介された。
しかしおまけがあり、「日本三大がっかり」の一つと補足あり。期待して訪れると、裏切られる日本ベスト3と言う訳だ。第一位が土佐高知のはりまや橋、第二位は札幌の時計台そして第三位がご当地と言う。
人間そこまで言われると駄目元で見たくなるものだ。
と言うわけで、少し寄り道して覗いてみた。

Photo_9 玉川沿いに昔ながらの土蔵や町並みが保存されている。江戸時代から明治にかけて建てられた建物が立ち並ぶ。しっくいの白壁、焼杉の黒い板、蔵を支える石垣、ゆるやかな反りを持つ石橋が調和をとった景観を造り出している。しかし、倉敷などと比べれば規模は小さく、日本三大がっかりと言われる由縁か?まあそこまで言う事は無かろう。

Photo_10 古い町並みの入口にある公園には倉吉出身の名横綱「琴桜」の銅像が立っている。

Photo_11町並みで懐かしいポストを発見。

« 神在月 出雲の国松江のシンボル「松江城」 | トップページ | 秋晴れの「日本橋」から「板橋宿」へ(中山道スタート) »

旅、山登り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本三大がっかり?倉吉・白壁土蔵群:

« 神在月 出雲の国松江のシンボル「松江城」 | トップページ | 秋晴れの「日本橋」から「板橋宿」へ(中山道スタート) »

最近のトラックバック