« 友と一緒に神保原駅から「新町宿」に向かう。 | トップページ | 雨の中「高崎宿」からダルマ屋に向かう。 »

今にも降り出しそうな中「倉賀野宿」へ急ぐ。

Photo_23

銀杏の落ち葉を踏みしめ先を急ぐ。空は急に曇ってきた。やはり天気予報は正しそうだ。降り出すまでに出来るだけ歩を進めたいものだ。

Photo_24 Photo_25 群馬県に入り、中山道の標識が良く整備されている。烏川に沿い、サイクリングロードを進む。

Photo_26烏川に架かる柳瀬橋を渡り進む。関越自動車道、JR高崎線の高架をくぐり、いよいよ「倉賀野宿」は近い。

倉賀野は中山道と日光例幣使道と分岐点だ。追分には道標と常夜燈が立つ。

Photo_27  写真右手が中山道「新町宿」に向かう。左手に進むと日光へ通ずる。

Photo_28 Photo_29 Photo_30 1

「倉賀野宿」は第12番目の宿場町で、「新町宿」から5.9km、累計では103.5kmに位置する。利根川に通ずる烏川があり、交通の要衝として栄えたようだ。

「立場跡」「脇本陣跡」など石碑が良く整備されいる。「本陣跡碑」が見つけられなかったが、トイレに立ち寄ったスーパー「ベイシア」の駐車場にあったようだ。(残念)

1_2 「高札場跡」も写真のように復元されている。

Photo_31 その先、少し左に入った所に「総鎮守 倉賀野神社」がある。しずかな落ち着きのある神社だ。Photo_32

本殿には見事な彫刻が施されている。

Photo_33その先、右手に「安楽寺」。

Photo_34 真新しい松並木を抜け、「高崎宿」に向かう。

« 友と一緒に神保原駅から「新町宿」に向かう。 | トップページ | 雨の中「高崎宿」からダルマ屋に向かう。 »

中山道を行く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今にも降り出しそうな中「倉賀野宿」へ急ぐ。:

« 友と一緒に神保原駅から「新町宿」に向かう。 | トップページ | 雨の中「高崎宿」からダルマ屋に向かう。 »

最近のトラックバック