« 何十年ぶりかな?「お伊勢さん」 | トップページ | 陽光に誘われ三浦海岸・河津桜見物に。 »

壮大なスケール 名城「松山城」

Photo_2

三重巡回を終え、四国松山に向かう。午後時間が取れたので、「松山城」へ行ってみた。学生時代に来た記憶があるが、それ以来だ。
「松山城」は日本を代表する連立式平山城の一つ。賤ヶ岳七本槍の一人「加藤嘉明」が築城に着手し、1627年に完成した。その後、落雷で焼失したが幕末1854年に復興したと言う。天守が残る全国12城の一つで日本百名城に選定されている。姫路城と甲乙付けがたいスケールを有する。

Photo_3 かつては松山と言えば「坊ちゃん」が代名詞であったが、今や「坂の上の雲」に変わったようだ。ロープウェイ乗り場にも大きな看板が。

Photo_4山上へは徒歩、ロープウェイ、リフト三通りの手段がある。

Photo_5

緩やかな坂道を上る。

Photo_6

大天守と小天守が並ぶ。

Photo_7 築城当時は五重だったが地盤が弱いため、3年かけて三重に改築された大天守。

Photo_8 城内には当時の遺品や城史が掲示されている。

Photo_9比較的広い大天守最上段の間。

Photo_10

櫓や門が整備され、大天守から見下ろす事が出来る。

Photo_12

梅が咲く本丸を見下ろす。

Photo_13   

雨が降ったり止んだり変な天気だ。大天守からは360度の展望が開け、松山の街を見下ろす事ができる。

« 何十年ぶりかな?「お伊勢さん」 | トップページ | 陽光に誘われ三浦海岸・河津桜見物に。 »

日本100名城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 壮大なスケール 名城「松山城」:

« 何十年ぶりかな?「お伊勢さん」 | トップページ | 陽光に誘われ三浦海岸・河津桜見物に。 »

最近のトラックバック