« 春のうららの「隅田公園」から「東京スカイツリー」 | トップページ | 新島襄の故郷「安中宿」へ。 »

強風の中「板鼻宿」に向かう。

Photo

関東一円に強風警報が出て、首都圏のJRも運行をストップしているが、昨夜からの雨は止みそうだ。昨年12月5日雨の中、トラダルマを求めて群馬八幡まで歩いてから100数日経ってしまった。月日が経つのは早いものだ。今月末で10年の単身赴任を終え、定年退職し地元関西へ戻ることになった。引継ぎで4月中はまだこちらに残るとは言え、先を急ぎたい。そこで、学生時代の友と再び再スタートした。

Photo_2

心配したが新幹線は定刻運行しており、予定通り9時半「群馬八幡駅」を出発した。雨も止み大丈夫そうだ。

Photo_3 旧中山道に戻り、「板鼻宿」に近づくと仲の良い男女の双体道祖神を多く見かける。

Photo_4 榛名みちとの分岐道標を過ぎれば、「板鼻宿」は直ぐだ。

Photo_5

14番目「板鼻宿」は碓氷川の徒歩渡しで良く知られ、増水で川止めになることもしばしばで、50を越える多くの旅籠があり、最大級の宿場町として賑わっていたようだ。手前の「高崎宿」からは7.2kmの距離にある。

Photo_6

本陣跡は今は公民館が建ち、門前に碑が立つ。皇女和宮降嫁の際には宿泊し、公民館裏にはゆかりの物を公開する資料館がある。

Photo_7その傍らにも立派なモニュメントが立つ。

Photo_8

近くの公園にも猿田彦大明神と道祖神の石碑を見つけた。

Photo_9 板鼻宿の鎮守であった「鷹巣神社」。名残りのような石碑が並ぶが本殿がどこにあるかわからない。

Photo_10

碓氷川に渡る「鷹之巣橋」を渡る。当時の徒歩渡し場所はもう少し上のようだ。黄砂の影響かこれから向かう山側は霞がかかった様に見えない。

Photo_13 Photo_14  

橋を渡り中宿を越え、歩を進める。路肩には庚申塔や不動明王の石碑が並ぶ。15番目「安中宿」はもうすぐだ。

« 春のうららの「隅田公園」から「東京スカイツリー」 | トップページ | 新島襄の故郷「安中宿」へ。 »

中山道を行く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 強風の中「板鼻宿」に向かう。:

« 春のうららの「隅田公園」から「東京スカイツリー」 | トップページ | 新島襄の故郷「安中宿」へ。 »

最近のトラックバック