« 美しい浅間山を眺めながら「小田井宿」へ。 | トップページ | 千曲川の渡しで栄えた「塩名田宿」へ。 »

国道を進み城下町「岩村田宿」を行く。

Photo

初夏のような陽射しを浴びながら、単調な国道を進む。道端に馬頭観世音などが並ぶ。

Photo_2

用明天皇(586)の皎月と言う官女が当地に流され、彼女にまつわる伝説が残る名勝「皎月原」の前を通る。

Photo_3

左手にはりんご園が広がる。

Photo_4 鵜縄沢端一里塚がある。上信越自動車道を横断し、進む。

Photo_5 住吉神社の前を通ると、「岩村田宿」は間近だ。

Photo_6 「岩村田宿」の入口には善光寺道道標が立つ。交通の要衝としても栄えたようだ。

Photo_7

「岩村田宿」には無く、城下町、交通の要衝として栄え、信玄ゆかりの写真の「龍雲寺」などの寺院が本陣代わりになったようだ。

Photo_8

静かな商店街が続き、当時の面影は無い。22次「岩村田宿」は手前の「小田井宿」から4.7km、日本橋から167.9kmに位置する。

Photo_9 Photo_10 Photo_11

商店街を抜け、中山道は直角に右折する。そこに立つ標識で初めて「岩村田宿」の文字があった。コーナーに立つ西宮神社。

Photo_12 道端には道祖神が。

Photo_13 Photo_14

小海線を渡る。踏切には「中仙道踏切」とある。その先の「御嶽神社」の前を進む。

Photo_15

皇女和宮降嫁の際、野点をしたと伝えられる「相生の松」。3代目だそうだ。このあたりからのどかな田園風景を進む。

« 美しい浅間山を眺めながら「小田井宿」へ。 | トップページ | 千曲川の渡しで栄えた「塩名田宿」へ。 »

中山道を行く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国道を進み城下町「岩村田宿」を行く。:

« 美しい浅間山を眺めながら「小田井宿」へ。 | トップページ | 千曲川の渡しで栄えた「塩名田宿」へ。 »

最近のトラックバック