« 相模湾に面し絶景な「根府川駅」 | トップページ | 馬頭観世音が続く間の宿から「追分宿」へ。 »

暖かい陽射しを浴びて「沓掛宿」を進む。

Photo

関東在住の間に出来るだけ歩を進めようと引継ぎの合間を縫って、前回の終わり軽井沢に向かった。9時過ぎ長野新幹線「あさま」で到着。初夏を思わせるような好天だ。

Photo_2 旧軽ロータリーを左折し、「沓掛宿」に向かう。今日は平日、前回のような観光客は少ない。

Photo_3

別荘地が続く中、カラマツの並木道を進む。

Photo_4 住宅の庭先に「庚申塔」が並ぶ。

Photo_5 軽井沢歴史民俗資料館になる「市村記念館」

Photo_6 さすが軽井沢だ。所々に小洒落たガイド、ベンチが置かれている。

Photo_7

このあたりまで来ると「浅間山」の雄姿が眼前に迫る。

Photo_8 「中軽井沢駅」の案内が見える。同駅の旧駅前は「沓掛」だ。

Photo_9

このあたりが「沓掛宿」だ。「沓掛宿」は「軽井沢宿」から4.5km、日本橋からは154.0kmに位置する第19番目の宿だ。規模は小さく、草津道との分岐として発展したようだ。当時の面影は残されていない。

写真は脇本陣満寿屋。

Photo_10 Photo_11

本陣跡は民家の表札に残るだけ。右は「草津道」との分岐に立つ石標。

Photo_31 「沓掛宿」を抜け。国道を左に折れのどかな風景の中を進む。

« 相模湾に面し絶景な「根府川駅」 | トップページ | 馬頭観世音が続く間の宿から「追分宿」へ。 »

中山道を行く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暖かい陽射しを浴びて「沓掛宿」を進む。:

« 相模湾に面し絶景な「根府川駅」 | トップページ | 馬頭観世音が続く間の宿から「追分宿」へ。 »

最近のトラックバック