« 馬頭観世音が続く間の宿から「追分宿」へ。 | トップページ | 国道を進み城下町「岩村田宿」を行く。 »

美しい浅間山を眺めながら「小田井宿」へ。

Photo_76

「分去れの碑」を過ぎ、国道との分岐を左に進む。右手に雄大な浅間山を望む。東海道を歩きながら富士を眺め、心が和んだ事を思い出す。

Photo_77

国道との分岐に建つ「中山道六十九次資料館」。庭には中山道六十九次が箱庭のように紹介されている。

Photo_78

土地改良事業「千ヶ滝湯川用水温水路」の清らかな流れ。

Photo_79

暫く進み、少し右に入った所に「御代田一里塚」がある。

Photo_80一里塚は見ての通り「枝垂桜」の大木だ。東京では満開の桜も当地では残念ながらまだまだ蕾は固い。

Photo_81

しなの鉄道の地下道をくぐり、緩やかな下り坂を進む。

Photo_82  御嶽山蔵王大権現のでかい石碑。

Photo_83 間も無く「小田井宿」に入る。

Photo_84 町おこしの一環か?新しい休憩所も作られている。

Photo_85

左手路地を入ると馬頭観世音の大きな石碑と「宝珠院」。

Photo 本陣跡。21次「小田井宿」は手前の「追分宿」から5km、日本橋から163.2kmに位置する。

Photo_2上の問屋跡

Photo_3 脇本陣跡

Photo_4 静かな街並には当時を偲ばせる建物が続く。

Photo_5 下の問屋跡

Photo_6

落ち着く街だ。浅間山の姿も後ろに遠くなってきた。「小田井宿」を後に「岩村田宿」に向かう。

« 馬頭観世音が続く間の宿から「追分宿」へ。 | トップページ | 国道を進み城下町「岩村田宿」を行く。 »

中山道を行く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美しい浅間山を眺めながら「小田井宿」へ。:

« 馬頭観世音が続く間の宿から「追分宿」へ。 | トップページ | 国道を進み城下町「岩村田宿」を行く。 »

最近のトラックバック