« 冷たい雨が降る寒い朝「望月宿」へ。 | トップページ | 笠取峠を越えて「長久保宿」へ向かう。 »

美しい間の宿「茂田井宿」から「芦田宿」へ。

Photo_23

県道と分かれ、右の道を下り間の宿「茂田井宿」に入る。まずは右手に「神宮社」がある。

Photo_24

冷たい雨が又降り出した。間の宿「茂田井宿」は美しいタイムスリップしたような静かな街だ。

Photo_25

重要文化財にも指定される「武家酒造本家」

Photo_26 武家酒造本家前に置かれた「若山牧水歌碑」

Photo_27

「武家酒造」前から見る「茂田井宿」の美しい街並。

Photo_28  「大谷酒造資料館」

Photo_29

「馬頭観世音」から街並をのぞむ。

Photo_30

「茂田井宿一里塚跡」

Photo_31 「立科ゴルフ倶楽部」の前を通る。

Photo_32

県道に戻ると右手の展望が開ける。浅間山の眺望が良いところだが、あいにくの天候で雲が低く立ち込めている。

Photo_33

「芦田宿」に入る。

Photo_34 Photo_35

「道祖神」と「芦田宿」の街並。

Photo_36 立派な建物が?「ふるさと交流館 芦田宿」とある。しかし、使われている様子は伺えない。これも税金の無駄遣いか?

Photo_38隣も立派だ!町区公会所とある。ホントやり過ぎじゃない!?

Photo_39   

立派な本陣が原型を留め保存されている。26次「芦田宿」は手前の「望月宿」からは4.8km、日本橋から184.2kmに位置する。

Photo_40

往時の面影を中山道の中で最も残すと言われる「芦田宿」開祖「土屋家本陣」。

Photo_41 「脇本陣跡」は土産屋さんだ。

Photo_42

随所に往時の面影を残す街並。

Photo_43 ユニークな正明寺本堂

Photo_44  双体道祖神

Photo_45 Photo_46

西の芦田宿入口付近には常夜燈と馬頭観世音などが並び立つ。

Photo_48 Photo_49

双体道祖神を過ぎる。道路標識を見ると長野県奥深く来たことを実感する。

« 冷たい雨が降る寒い朝「望月宿」へ。 | トップページ | 笠取峠を越えて「長久保宿」へ向かう。 »

中山道を行く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美しい間の宿「茂田井宿」から「芦田宿」へ。:

« 冷たい雨が降る寒い朝「望月宿」へ。 | トップページ | 笠取峠を越えて「長久保宿」へ向かう。 »

最近のトラックバック