« 国道を進み城下町「岩村田宿」を行く。 | トップページ | 日暮れ近し!急いで「八幡宿」まで。 »

千曲川の渡しで栄えた「塩名田宿」へ。

Photo_16

のどかな田園地帯を進む。浅間山も遠くなってきた。

Photo_17

桜の蕾はまだまだ固く、ようやく梅が見ごろと言うところだ。

Photo_18 Photo_19

百万遍供養塔の前に可愛い花が咲く。春を告げる花であろうが、名はわからない。

Photo_20

静かな街並を進む。家の前には用水が流れる。

Photo_21

駒形神社の鬱蒼とした林が現れる。本殿は重要文化財に指定されているようだ。

Photo_22 駒形神社の坂道を下ると、いよいよ「塩名田宿」に到着だ。「小田井宿」「岩村田宿」「塩名田宿」と聞きなれない三文字宿が続く。共通文字で「田」が付く。田園地帯が続くと言う事か?

Photo_23

ここも町おこしの一環か?旧屋号の大きな看板が掲げられている。

Photo_24 本陣跡、問屋跡は標識柱が立つのみ。23次「塩名田宿」は手前の「岩村田宿」から5km、日本橋から172.9kmに位置する。「軽井沢宿」以降4-5km毎に宿場が続く。

Photo_25 高札場跡。

Photo_26

千曲川沿いの「塩名田川原宿」を見下ろす。

Photo_27

「塩名田川原宿」の静かな街並。

Photo_28 Photo_29   

十九夜燈

Photo_30

千曲川は以前は荒れると、たびたび橋を流し、明治初めには中山道の交通確保のため石で舟を固定し、舟を繋いで渡ったようだ。史実を伝える看板が立つ。

Photo_31

千曲川と堅牢な中津橋。

Photo_32 今では立派な歩道橋も架けられ、休憩所も作られている。

Photo_33

千曲川の清らかな流れ。

Photo_34

八幡側の川のたもとに作られた休憩所。千曲川に別れを告げ、緩やかな上り坂を進む。

« 国道を進み城下町「岩村田宿」を行く。 | トップページ | 日暮れ近し!急いで「八幡宿」まで。 »

中山道を行く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 千曲川の渡しで栄えた「塩名田宿」へ。:

« 国道を進み城下町「岩村田宿」を行く。 | トップページ | 日暮れ近し!急いで「八幡宿」まで。 »

最近のトラックバック