« 緑豊かな歴史とロマンの小諸城址「懐古園」 | トップページ | 諏訪大社といで湯の街「下諏訪宿」に一気に下る。 »

中山道最大の難所「和田峠」へ。

Photo

前回の「和田宿」から気が付けば早いもので2ヶ月の月日が経った。今年は雪が多く、峠には30cm以上の積雪が残るため前回は峠越えを断念したが、今回は晴天続きで春から初夏の草花も満開で快適に歩を進めた。学生時代の仲間が二人同行してくれた。

Photo_2 前夜上田で集合、前泊しバスを乗り継ぎ「和田宿」に向かう。

Photo_3

今日も「和田宿」は静かで行き交う人もいない。9時30分「和田峠」を目指し出発した。

Photo_4 Photo_5

街道沿いには馬頭観音や道祖神が並ぶ。

Photo_6

「和田の一里塚」を過ぎ、大出集落へ進む。

Photo_8 茅葺の「大出バス停」を過ぎる。

Photo_9 単調な国道沿いに緩やかに上る。

Photo_7

唐沢集落から国道へ合流する手前に「唐沢の一里塚」が立つ。

Photo_10一里塚横の御嶽山座生大権現。

Photo_11

午前11時「男女倉口」からいよいよ山道に入る。

Photo_13 山道に入り、間も無く休み茶屋跡がある。

Photo_14

休み茶屋跡横に並ぶ「三十三体観音」

Photo_15

歩きやすい緩やかな道を登る。

Photo_16

国道との合流地点に復元された「永代人馬施行所」

Photo_17 Photo_18

「永代人馬施行所」裏に立つ馬頭観世音とその先に立つ常夜燈

Photo_19

ところどころ石畳の道が残る。

Photo_21

江戸から五十二里にあたる「広原一里塚」

Photo_22

江戸時代の休憩所があった「東餅屋茶屋跡」。

Photo_23 茶屋跡の前にはドライブインがあり、当時からの名物「力餅」を食べることが出来る。

Photo_24また和田峠は大昔から黒曜石の産地としても有名だったようだ。

Photo_26美ヶ原、霧が峰、蓼科など高原を結ぶビーナスラインと数回交差しながら向かう。

Photo_27

ビーナスラインとの交差を終え、一気に上ると和田峠はすぐだ。中山道の中で標高1532mの和田峠は最高峰となる。12時50分和田峠に到着した。碓氷峠と比べ上りもなだらかで道も良く整備されていて楽な気がする。

Photo_28

峠上に立つ「御嶽山蔵王大権現」

Photo_29 同じく峠上の地蔵尊

Photo_30

峠の上からは諏訪側の展望が開ける。写真では見えないが御岳もうっすら見ることが出来た。昼食を取り一気に下る。

« 緑豊かな歴史とロマンの小諸城址「懐古園」 | トップページ | 諏訪大社といで湯の街「下諏訪宿」に一気に下る。 »

中山道を行く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中山道最大の難所「和田峠」へ。:

« 緑豊かな歴史とロマンの小諸城址「懐古園」 | トップページ | 諏訪大社といで湯の街「下諏訪宿」に一気に下る。 »

最近のトラックバック