« 城下町と文学のめぐり道「信州・小諸」散策 | トップページ | 中山道最大の難所「和田峠」へ。 »

緑豊かな歴史とロマンの小諸城址「懐古園」

Photo_11

小諸の町並みを散策後、小諸城址「懐古園」に向かう。「懐古園」は長野県内では松本城や昨年訪れた上田城等と共に「日本100名城」の一つになっている。
 この門は「三の門」で、本丸から数えて3番目の門だそうだ。

Photo_12 入園するにはまず料金所。園内散策のみだと300円、記念館等へも入館できる共通券は500円。

Photo_13

美しい石垣の横を抜ける。

Photo_14

黒門橋を渡り、本丸内に入る。

Photo_15

本丸内右手にある「藤村記念館」。藤村は明治32年より6年間小諸に住み、「小諸義塾」なる学校の教師で、多くの有名な作品が生まれたようだ。当時の遺品が展示されている。

Photo_16

右手奥には「千曲川旅情のうた」の藤村詩碑が立つ。「小諸なる古城のほとり 雲白く遊子悲しむ 緑なすはこべは萌えず 若草もしくによしなし ・・・・」まさにピッタリだ!

Photo_17 

水の手展望台から千曲川を望む。

Photo_18

明治13年神社を祀り、「懐古園」と呼ぶようになったようだ。

Photo_19   

神社裏の天守閣跡。平安時代より付近に城はあったようだが、戦国時代武田信玄の命を受け、山本勘助が当地に築城したのが最初で、その後仙石家によって現在の小諸城が完成したようだ。この城の特徴は全国的にも珍しく城が城下町より低い穴城となっている。

Photo_20

本丸跡入口に立つ懐古神社の鳥居。

Photo_21 藤村が教鞭をとった「小諸義塾記念館」が駅裏に建つ。

Photo_23 その前には昔懐かしい「惜別の歌」歌碑が立つ。

Photo_24

鉄道により分断されているが、駅北に立つ「大手門」は「小諸城」の「四の門」にあたり、立派な建物で国の重要文化財に指定されている。

小諸城跡 懐古園

« 城下町と文学のめぐり道「信州・小諸」散策 | トップページ | 中山道最大の難所「和田峠」へ。 »

日本100名城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 緑豊かな歴史とロマンの小諸城址「懐古園」:

« 城下町と文学のめぐり道「信州・小諸」散策 | トップページ | 中山道最大の難所「和田峠」へ。 »

最近のトラックバック