« 年金の請求手続きに行ってきた。 | トップページ | 町屋が美術館にかわる~まちなみアートフェスティバル »

初秋の史跡「丹波 篠山城跡」

Img_2387

今週に入り、一気に秋の気配だ。澄み切った秋晴れの好天に誘われて、カミさんと久しぶりに隣町、丹波篠山までドライブした。

丹波名物栗や黒豆の枝豆はこれから収穫期を迎えるが、今年は猛暑の影響で不作だそうだ。まず篠山城址に向かった。

篠山城は江戸時代の初め1609年(慶長14年)家康の命を受け、松平康重により築城された。西国大名の天下普請により6ヶ月で完成したそうだ。

Img_2409

Img_2399_2

外堀、内堀そして苔むす石垣が残り、国の史跡に指定されている。

Img_2347

Img_2343

二の丸御殿の復元が進められ、2000年に復元された鉄門と大書院。

Img_2353

本の丸の隅に一段高く天守台がある。しかし天守閣は幕府の了解が得られず建てられなかったそうだ。

Img_2356

天守台からの眺め。右に見える山は 戦国時代八上城があった高城山。

Img_2349 本丸跡に建つ「青山神社」。松平家の後、明治まで六代にわたり篠山藩を統治した青山家を祀る。

史跡 篠山城址大書院

 

« 年金の請求手続きに行ってきた。 | トップページ | 町屋が美術館にかわる~まちなみアートフェスティバル »

日本100名城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初秋の史跡「丹波 篠山城跡」:

« 年金の請求手続きに行ってきた。 | トップページ | 町屋が美術館にかわる~まちなみアートフェスティバル »

最近のトラックバック