« 「琵琶峠の石畳」を歩き「細久手宿」を目指す。 | トップページ | 国道に沿って今日はここまで「伏見宿」。 »

最後の峠道を進み「御嶽宿」へ。

P1080894

行き交う人もいない山の尾根道を進む。

P1080896

旅人が道中の安全を願って手を合わせた「秋葉坂三尊」には3つ並んだ石室に石仏が並ぶ。

P1080909

またも原型を残す「鴨之巣の一里塚」

P1080917

日が射すと黄色く色づいた広葉樹が見事だ。

P1080918 P1080926

P1080933_2 「物見峠」は皇女和宮の行列が当地に御殿を設営したため「御殿場」と呼ばれるそうだ。

P1080941

今は休憩所が造られている。

P1080939

和宮も眺めたと言う東方の眺めはあいにくの曇天で何も見えない。

P1080947 名水「唄清水」「一呑の清水」と続く。

P10809471

P108094711 P10809472

「十本木の立場」「謡坂十本木の一里塚」と続く。

P10809473

広重の浮世絵「御嶽」のモデル地だ

P10809474_3

復元された「謡坂の石畳」

P10809475

当地に隠れ切支丹の存在が明らかになり、「聖マリア像」が立てられたそうだ。

P10809476 P10809477

「謡坂の紅葉」と珍しい「耳神社」

P108094771 P10809478

このあたりで急な坂道も終わる「牛の鼻欠け坂」

P10809479

「和泉式部廟所」。このあたりで病に倒れ亡くなったそうだ。

Img_0165

広々とした田園地帯に入り国道に合流し、その後左折し「御嶽宿」に到着だ。

Img_0166_2

往時の面影を残す「商家竹屋」

Img_0171 

「御嶽宿本陣跡」。「御嶽宿」は江戸から数えて49番目となる。手前の「細久手宿」からは11.8km、累計で374.3kmに位置する。

Img_0175

中山道の資料を展示する「中山道みたけ館」

Img_0183

Img_0179「御嶽宿」は「願興寺」の門前町として発展したそうだ。

Img_0185

名鉄広見線「御嵩駅」を過ぎれば「御嶽宿」ともお別れだ。

« 「琵琶峠の石畳」を歩き「細久手宿」を目指す。 | トップページ | 国道に沿って今日はここまで「伏見宿」。 »

中山道を行く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最後の峠道を進み「御嶽宿」へ。:

« 「琵琶峠の石畳」を歩き「細久手宿」を目指す。 | トップページ | 国道に沿って今日はここまで「伏見宿」。 »

最近のトラックバック