« 日本ラインを眺めて「鵜沼宿」へ向かう。 | トップページ | 「もみじまつり」で賑わう西国第27番札所「圓教寺」 »

いよいよ美濃路最大規模の「加納宿」(岐阜市)へ。

P1090192 国道をまた進む。天気は良いが風が強く日が傾くと共に寒さを感じる。国道を進むと岐阜まで18kmと先はまだ遠い。

P1090194 P1090201

六軒の一里塚跡付近で右折し、県道を進む。

P1090204 交通量も少なく歩きやすい。

P1090205 P1090207

旅の安全を祈る馬頭観音などが残る。

P1090214

各務原市役所、市民公園の前を通る。

今日は可児市(かに)、坂祝町(さかほぎ)、各務原市(かがみはら)と進んで来たがいずれも読み方が難解な名前だ。

P1090217

当時は立場があったと言う「新加納の一里塚」

P1090229 「手力雄神社の鳥居」

P1090230

「切通の陣屋跡」

P1090233 P1090238

こんな町中にと驚く対で残る「細畑の一里塚」

P1090242 P1090243

伊勢道との追分に立つ「領下の地蔵堂の道標」

P1090244 「加納宿」は近いが静けさの残る街並みを通る。

P1090245 P1090252

日暮れは近いが「加納宿」へ到着だ。名鉄茶所駅前に立つ「加納宿の碑」と「関取鏡岩の碑と道標」。

P1090249

P1090250_2 

枡形を曲がると川沿いに「加納宿」を紹介する公園が造られている。

P1090262

秋の日はつるべ落としとは良く言ったものだ。5時を回るとあっという間に暗くなる。やはり今日は「太田渡し」での木曽川の渡り方と「うとう峠」への入り方でロスが多すぎた。美濃路最大規模を誇る「加納宿」の探索はこれ以上無理だ。JR岐阜駅に直行し、在来線で帰阪した。

ロスは多かったものの正規の行程上は約27-8km、万歩計は50,780歩を示す。今日も良く歩きました。

« 日本ラインを眺めて「鵜沼宿」へ向かう。 | トップページ | 「もみじまつり」で賑わう西国第27番札所「圓教寺」 »

中山道を行く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ美濃路最大規模の「加納宿」(岐阜市)へ。:

« 日本ラインを眺めて「鵜沼宿」へ向かう。 | トップページ | 「もみじまつり」で賑わう西国第27番札所「圓教寺」 »

最近のトラックバック