« 「十三峠」を上り下りし「深萱立場」へ。 | トップページ | 「琵琶峠の石畳」を歩き「細久手宿」を目指す。 »

再び「十三峠」を越えて「大湫宿」へ。

P1080585 恵那駅前からバスで昨日の終点「深萱立場」に7時過ぎ到着した。天気予報あまり良くなかったが晴れている。朝のうちに出来るだけ進みたいと張り切ってスタートする。

P1080589

スタート間もなく険しい山坂の連続する「十三峠」の尾根道に入る。

P1080594 P1080600

それぞれの坂には写真のように案内が表示されている。

P1080599

P1080604_2 

「炭焼立場跡」の集落を過ぎる。

P1080607 P1080610

「権現山一里塚」は江戸から数えてちょうど90番目にあたる。

P1080611 P1080618

こんな所にゴルフ場が!その名もまさしく「中仙道ゴルフ倶楽部」だ。中山道の両側にコースが分断されており、ネットはあるものの危ないなぁと思い歩いていると道の上にゴルフボール発見した。

P1080614 P1080620

P1080627

P1080629_3 旅の安全を祈り、馬頭観音が三十三体並ぶ  「三十三所観音石窟」。

P1080635_2 P1080637

「尻冷やしの地蔵尊」

P1080642 P1080647

中山道では「碓氷峠」を皮切りにいくつかの峠を越えてきたが、「十三峠」はその中でも大いに想い出に残る峠であった。単独行のため熊の出没に恐れる事はあったが、人も少なく往時の雰囲気を色濃く残している。

P1080658

「十三峠」を越えて「大湫宿」に到着。

P1080660_2「大湫宿」入口に建つ「宗昌寺」

P1080664

「大湫宿」入口の公園から大湫の街並みを望む。

P1080675

静かな「大湫宿」の街並み。

P1080676 P1080684

P1080679_2 「大湫宿」資料館となっているコミュニティセンター。

P1080695 P1080690

P1080689_2本陣跡は小学校になっている。当地に宿泊した「和宮」の歌碑が立つ。

「大湫宿」は奥深い山の中にひっそりとたたずみ、江戸から数えて47番目の宿で、手前の「大井宿」からは13.7km、江戸からは356.6kmに位置する。

  P1080702

P1080713 P1080708

大杉や色づいたイチョウが見事な「神明神社」

P1080703 P1080726

P1080729

モミジが色づく「大湫の観音堂」

P1080740

宿場の出口に復元された高札場。

P1080747_2 小坂の馬頭観音を過ぎ「細久手宿」に向かう。

« 「十三峠」を上り下りし「深萱立場」へ。 | トップページ | 「琵琶峠の石畳」を歩き「細久手宿」を目指す。 »

中山道を行く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 再び「十三峠」を越えて「大湫宿」へ。:

« 「十三峠」を上り下りし「深萱立場」へ。 | トップページ | 「琵琶峠の石畳」を歩き「細久手宿」を目指す。 »

最近のトラックバック