« 宿場と歴史が交差する町「関ヶ原宿」へ。 | トップページ | 待望の近江路に入る!「柏原宿」へ。 »

美濃路西端、国境の町「今須宿」へ。

Img_6245

今日は2月4日立春、天気も良さそうだ。朝8時美濃路の西の端、国境の宿場「今須宿」へ先を急ぐ。

P1100452

こんな山中に「常盤御前の墓」があり、驚く。誰だっけ?平安時代末期、源義朝の愛妾で義経の母だとか。

P1100467

「今須峠」に差し掛かる。天気は良いが、朝気温は低く、道は凍結し、恐る恐る進む。

P1100470 P1100471

雪深い「今須峠」に到着する。下りに入り、「今須宿」の手前に「今須の一里塚」はあった。

P1100475

P1100479 山あいの静かな里「今須宿」に入る。

P1100486 P1100498

「本陣跡、脇本陣跡碑」、「常夜燈」が立つ。

「今須宿」は江戸から数えて59番目、手前の「関ヶ原宿」から5.4km、累計で445.2kmに位置する。

P1100489

「今須宿」は「妙応寺」の門前町として栄えたようだ。

P1100497 往時を偲ばせる静かな街並みが続く。

P1100506

国境に向かい緩やかな坂道を上って行くが、雪の量が増えてきた。

P1100507_2 Img007_2

逸話の残る「車返しの坂」まで来れば「今須宿」ともお別れ、県境に向かう。

これで「馬籠宿」から17宿、約130km続いた美濃路、岐阜県ともお別れだが、観光案内所でもらったガイドが迷うことなく導いてくれた。感謝!!

« 宿場と歴史が交差する町「関ヶ原宿」へ。 | トップページ | 待望の近江路に入る!「柏原宿」へ。 »

中山道を行く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美濃路西端、国境の町「今須宿」へ。:

« 宿場と歴史が交差する町「関ヶ原宿」へ。 | トップページ | 待望の近江路に入る!「柏原宿」へ。 »

最近のトラックバック