« 「摺針峠」を越えて「鳥居本宿」へ。 | トップページ | 西国三十三ヶ所巡り結願(索引) »

「多賀大社」の門前町で賑わった「高宮宿」

Img_6328のどかな田園地帯を進む。もう積雪はほとんど残っていない。

Img_6339

小野町は小野小町出生の地と言う説があり、「小町塚」が立つ。

Img_6351 初めて東海道新幹線とも合流だ。

Img_6362 Img_6372

「多賀みち」の道標を過ぎ、「扇塚」の石碑が残る「石清水神社」まで来れば宿場は近い。

Img_6378

近江鉄道踏切手前に「高宮宿」の標識が立つ。

Img_6397

往時の面影を残す街並みを進む。

Img_6405

Img_6412 延命長寿、縁結びの神として古くから信仰されてきた「多賀大社の大鳥居」「常夜燈」が立つ。

Img_6400 Img_6420

門前町ならではの提灯屋も残る。右は家康や明治天皇の史跡の残る「円照寺」。

Img_6429

表門が残る「本陣跡」

「高宮宿」は江戸から数えて64番目、手前の「鳥居本宿」からは5.9km、累計で468.8kmに位置する。「多賀大社」の門前町として賑わった「高宮宿」は今も古い街並みが残り往時を偲ぶことができる。

Img_6417_2 Img_6414

「ふれあい館」となった「脇本陣跡」と「芭蕉の紙子塚」

Img_6430

「高宮宿」のはずれ「犬上川」に架かる「無賃橋」。彦根藩は無料でこの橋を渡らせたたためこの名が残っているそうだ。

Img_6438

時計は5時を指す。「無賃橋」の向こうに日も沈んできた。今日はここまでとする。

Img_6442_3

JR「南彦根駅」まで歩き帰路につく。今日の歩行距離は約30km強、万歩計は47,305歩を示す。

 これで残り5宿、63kmほどで京 三条大橋に到着できる。後3日かな?頑張ろう!

« 「摺針峠」を越えて「鳥居本宿」へ。 | トップページ | 西国三十三ヶ所巡り結願(索引) »

中山道を行く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「多賀大社」の門前町で賑わった「高宮宿」:

« 「摺針峠」を越えて「鳥居本宿」へ。 | トップページ | 西国三十三ヶ所巡り結願(索引) »

最近のトラックバック