« 「菩提の道場」に入り初の四国第四十番「観自在寺」 | トップページ | 柏坂を越えて宇和島市街へ »

海の幸いっぱいの「民宿 ビーチ」

Dsc04497

【3日目②】明日から11月だと言うのに暑い一日だった。時間も5時を過ぎ、日の入りも近いが少し雲が出てきた。

室手湾を見下ろす高台に建つ「民宿 ビーチ」からは素晴らしい眺めで、夕陽が素晴らしく、近くの由良半島から遠くには九州大分もうっすらと見え、眼下には養殖の筏を見る事が出来る。

P1130457かなり老朽化した「民宿 ビーチ」の建物。

P1130459

建物も古く、部屋もきれいとはお世辞にも言えないが、海の幸いっぱいの料理は素晴らしい。個々の料理を紹介しよう。

P1130463_4P1130464_4

民宿の御主人が養殖に成功した「緋扇貝(ヒオオギガイ)」の刺身とバター焼き。ホタテのようなあっさり味だ。

P1130465_2P1130466_3

珍しい「足袋海老(タビエビ)」とモズク、トサカの酢の物。タビエビは身は少ないがあっさり味でなかなか美味だ。右はタイ、グレ、シマアジ、イカいずれも地元でとれたお刺身。

P1130470_2P1130467_3

高級魚「グレ」の煮つけと「モズク」の天ぷら。

P1130471_2モズク、トサカなど海藻のお吸い物

P1130474_2

初めて「緋扇貝」を見たが、カラフルな貝殻にはビックリ!小学校の先生をされていた御主人(滝岡隆雄氏)が約40年前に脱サラをして民宿と貝の養殖を始めたそうだ。当初はあこや貝(真珠貝)の養殖からスタートし、その後「緋扇貝」の養殖を国内で初めて成功されたそうだ。今でも緋扇貝やヒジキ、トサカ、モズクなどの海藻類の養殖を続けられ、その先駆者として後継者たちの信頼が厚いそうだ。

P1130479

食後ご夫婦と談笑していると、出張カットの「カットハウス 蓮」大黒さんがやってきた。身体の不自由な方、寝たきりの方、老人ホームや育児で忙しいママさんなど店まで行けない人に人気だとか。料金は1000円と格安だ。

P1130481

朝食も緋扇貝や海藻に加え、地元名物ジャコ天も入り御馳走だ。

一泊二食で6000円、建物は老朽化し、清潔とは言えないが、料理は今までの宿の中で最高です。御夫妻の人柄も最高で是非お勧めしたい。

P1130483

12月には81才となる御主人はとてもお元気、いつまでも我々お遍路のために頑張ってほしいものです。

朝出発時、ご夫婦でお見送りをしていただき、記念写真を一枚パチリ!

民宿 ビーチ

    798-4101  愛媛県南宇和郡愛南町御荘菊川3951

                                      TEL  0895-74-0126

« 「菩提の道場」に入り初の四国第四十番「観自在寺」 | トップページ | 柏坂を越えて宇和島市街へ »

四国八十八ヶ所 歩き遍路の旅」カテゴリの記事

コメント

最高レベルスーパーブランドコピー品通信販売
スーパーブランドコピー専門店!業界より高級製品をご提供する。当サイトに取り扱っていない
最高品質ブランドコピーしかお出しいたしません!
コピーブランドもお取寄せ可能!
お探しのスーパーコピー商品がございましたら、いつもお気軽に!
までお問い合わせください。
店舗名/会社名 東京都ブランドコピー通販社
営業時間:ご注文は365日年中無休承ります。
腕時計ショップ https://www.cocoejp1.com/ProductList1.aspx?TypeId=840830569083478

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海の幸いっぱいの「民宿 ビーチ」:

« 「菩提の道場」に入り初の四国第四十番「観自在寺」 | トップページ | 柏坂を越えて宇和島市街へ »

最近のトラックバック