« 「西本町 ごん田」昼のお弁当『玉手箱』 | トップページ | 晩秋の「比叡山 延暦寺」 »

暖かな日曜日、丹波もみじめぐり

Dsc07454

暖かな日曜日、先日地元のサンテレビでやっていた丹波市の紅葉の名所を巡ってみようと出かけた。まず向かったのは丹波市氷上町の「永谷山 圓通寺」。赤く染まった参道を進む。

Dsc07456三脚を据え、一眼レフを構えるカメラマンの多さに驚く。

Dsc07475

圓通寺は南北朝時代の1382年に足利義満が後円融天皇の勅命により創建された曹洞宗の寺院だ。

Dsc07478山門をくぐり、参道を進む。

Dsc07485

かつては200余の末寺院と一千石を越える寺領を有して君臨をしていたようだ。雄大な本堂は江戸末期に再建されたそうだ。

Dsc07500

Dsc07523_3

暖かな日曜日だが期待したほど日は射さず、紅葉も京の三尾と同じように色付き方は鮮やかさが足りない。10月末から11月初めの暖かさが原因か?

兵庫県丹波市氷上町御油983    圓通寺

Dsc07624

続いて向かったのは丹波市山南町の「岩屋山 石龕寺(せきがんじ)」。青垣町の「高源寺」に「圓通寺」を加えて「丹波紅葉三山」と呼ぶそうだ。

参道には四国お遍路霊場同様に弘法大師が立つ真言宗のお寺だ。

Dsc07570

赤く染まった参道を進む。

Dsc07572_2

Dsc07579_2大きな仁王門の仁王像は鎌倉時代初期の定慶の作で国の重要文化財にも指定されている。

Dsc07588

広い境内を進むと一番奥に毘沙門堂(本堂)が建つ。

「石龕寺」は587年聖徳大師の開基と伝えられ歴史は古い。

Dsc07596薬師堂裏の紅葉は見事だ。もっと日射しが欲しかったな。

Dsc07606

室町時代、足利尊氏の帰依を受け、足利氏のゆかりが深い大寺院だ。

兵庫県丹波市山南町岩屋2  石龕寺

丹波市観光協会ホームページ

« 「西本町 ごん田」昼のお弁当『玉手箱』 | トップページ | 晩秋の「比叡山 延暦寺」 »

日帰りハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暖かな日曜日、丹波もみじめぐり:

« 「西本町 ごん田」昼のお弁当『玉手箱』 | トップページ | 晩秋の「比叡山 延暦寺」 »

最近のトラックバック