« 雨上がりの暖かい朝「三草山」へ | トップページ | 一面の銀世界「金剛山」を登る。 »

岩尾根が続く播磨アルプス「高御位山ハイク」

Dsc04335

3連休の内、今日10日が一番天気が良さそうとの予報を見て、以前より一度登りたかった「高御位山(たかみくらやま)」を登った。姫路の東、高砂市と加古川市にまたがり、一帯は播磨アルプスと呼ばれ、「高御位山」はその姿から播磨富士とも呼ばれる。人気の高いハイキングコースと聞く。

【9:28】自宅から50km弱、1時間余車を走らせ、「鹿嶋神社」の大鳥居横の駐車場に車を停める。

Dsc04344

「鹿嶋神社」参道を進む。

Dsc04348

「鹿嶋神社」本殿。初めて参拝するが立派なお社にビックリ!一願成就、合格祈願の神として有名だそうだ。

Dsc04350【9:46】本殿左奥の石段を上り、登山道に入る。

Dsc04360

「百閒岩」と呼ばれる大きな一枚岩を登る。

Dsc04370

これから進む300m足らずの低山が連なる縦走路を眺める。右端に見えるのが「高御位山」の山頂だ。

Dsc04371さすがに人気コースで多くのハイカーに出会う。

Dsc04375

山ガールも多い!!

Dsc04376

展望の良い縦走路をアップダウンを繰り返しながら進む。300m足らずの低山が連なるが、岩盤が多く露出しているためか大きな樹木は育たず、まるで3000m級の縦走路を歩いているような錯覚に陥りそうだ。

Dsc04378Dsc04388

【10:24】「鷹ノ巣山」を越え、「馬の背登山口」からの合流点進む。【10:48】「長尾登山口」からの合流点を過ぎれば、「高御位山」山頂は近い。

Dsc04395_2

最後の岩場を登る。

Dsc04413_2【11:00】標高304m「高御位山」山頂に到着する。

Dsc04426_2

山頂には「高御位神社」が建つ。多くのハイカーにビックリだ。

Dsc04412

山頂の切り立った岩場の上で昼食を取るハイカーたち。

Dsc04411_2

山頂からは瀬戸内海、淡路島などが見えるそうだが、晴れてはいるものの靄がかかったようで残念ながら見えない。

Dsc04429_2山頂に立つ「飛翔の碑」。大正10年グライダーで関西初飛行を讃える記念碑だ。

Dsc04432

【11:26】山頂で早目の昼食をとり、北山登山口に向け下山スタートする。

Dsc04434_2

どこで道を間違ったのか、尾根筋を進まず真っ直ぐ下山しているようだ。

Dsc04438_2

【11:50】「成井高御位神社」に到着し、「成井登山口」に間違って下山してしまったようだ。「播磨アルプス」の裏側で駐車場へ戻るにはもう一度「高御位山」を登らねばならない。やむなく再登山スタートする。

Dsc04440 【12:21】山頂手前の分岐路まで戻る。「北山登山口」ルートと「成井登山口」ルートの間の道に迷い込んだようだ。

Dsc04442

「北山登山口」に向け尾根道を進む。

Dsc04446_2

今来た縦走路を振り返る。「高御位山」山頂が見える。

Dsc04449Dsc04457_2

【12:55】「中塚山」ピークを過ぎ、「北山登山口」分岐を進み、【13:10】「北山登山口」に到着する。

Dsc04462

「播磨アルプス」の山並みを眺めながら、一般道を「鹿嶋神社」に向け進む。

Dsc04467

【13:35】「鹿嶋神社」大鳥居横の駐車場に戻る。

天候にも恵まれ、心地よい汗をかき大いに楽しむ事ができた。さすがに「ふるさと兵庫50山」にも選ばれる人気コースである事が良く分かる。

余計な道も歩いたため歩行距離は10kmほどか?万歩計は18000歩を示す。

高御位山コースマップ

« 雨上がりの暖かい朝「三草山」へ | トップページ | 一面の銀世界「金剛山」を登る。 »

日帰りハイキング」カテゴリの記事

ふるさと兵庫100山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岩尾根が続く播磨アルプス「高御位山ハイク」:

« 雨上がりの暖かい朝「三草山」へ | トップページ | 一面の銀世界「金剛山」を登る。 »

最近のトラックバック