« 天下分け目の「天王山」から「サントリー山崎蒸留所」へ | トップページ | 岩尾根が続く播磨アルプス「高御位山ハイク」 »

雨上がりの暖かい朝「三草山」へ

Dsc04306

2月に入り最初の土曜日、昨夜からの雨も上がり、暖かい朝を向かえた。雨の心配は無さそうなので月例の「三草山ハイク」に向かった。

Dsc04287_2

【10:35】いつもの「三草登山口」を出発する。相変わらず沢山の車が駐車している。

Dsc04294

朝の最低気温はこの時期、氷点下が当たり前の三田市の今朝の最低気温は10.3度と急に気温が上がったせいか山頂付近は濃いガスに覆われ見えない。汗が吹き出し、ペースが上がらない。

Dsc04300

【11:24】汗びっしょりで深いガスに覆われた「三草山」山頂に到着した。時間は49分もかかってしまった。

Dsc04303

Dsc04310Dsc04317

明日は「節分」、明後日は「立春」と暦の上ではもう春だが草木も確実に春に向かっていることが実感できる。昨春美しい花を咲かせた山頂の梅も蕾が膨らみ始めている。

Dsc04307

山頂からの眺望は深いガスの中、視界不良で全く見えない。最近大阪市内でも中国の大気汚染の影響で晴天にも関わらず六甲山や生駒山が見えない状況だったが、その影響はどうなのかな?

Dsc04313

藍本のS先輩は今日はお休みか?しかし昨日ですでに29回も登られているようだ。まだ年が明けて33日しか経っていないが既に29回とは!昨年を上回るハイペースだ。

驚く事は一昨日は他の山を登った後に三草山を登ったり、昨日は「三草登山口」から登った後「畑登山口」を往復と言う事は2回/日登られたようだ。ここまで来ると一種の中毒症状か!?

Img015

私はまだまだ2回です。

Dsc04327

【11:43】山頂で出会った若者と暫く登山の話をした後、下山する。山頂ほどでは無いが靄がかかったようで視界は良くない。

Dsc04329

今日も多くのハイカーと出会ったが、いつになく若者が多かったことは嬉しい事だ。

Dsc04334【12:32】登りと同じ49分かかり下山する。青空となり、まるで春を思わせる陽気だ。

« 天下分け目の「天王山」から「サントリー山崎蒸留所」へ | トップページ | 岩尾根が続く播磨アルプス「高御位山ハイク」 »

日帰りハイキング」カテゴリの記事

三草山ハイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨上がりの暖かい朝「三草山」へ:

« 天下分け目の「天王山」から「サントリー山崎蒸留所」へ | トップページ | 岩尾根が続く播磨アルプス「高御位山ハイク」 »

最近のトラックバック