« 体育の日「香下寺」から「羽束山」へ登る。 | トップページ | 秋深まり色づき始めた11月の「三草山ハイク」 »

「波賀尾山・金山ハイク」と「傘寿の祝い」

Pa250165

秋も深まり、天気は良いが、少し寒い朝を迎え、「相野駅山の会」の月例行事に参加した。

今日のコースは近郊の篠山市と丹波市の境にある史跡「金山(きんざん)」と篠山市の「波賀尾山(はがおさん)」ハイクだ。

加えて先日めでたく80歳傘寿を迎えられたⅯ先輩のお祝い会もあり盛りだくさんの一日です。

予定のコースは

JR福知山線「柏原駅」=神姫バス「大山上バス停」-波賀尾山-大山上-追手神社-追入登山口-園林寺跡-金山-鬼の架橋-鐘ケ坂トンネル(明治・昭和)-鐘ケ坂公園-善竹寿司(傘寿の祝い)-柏原駅

Pa250002

【9:22】JR福知山線「柏原駅 」から神姫バス・篠山営業所行バスに乗り「大山上」バス停で下車する。

Pa250006

まずは「波賀尾山」登山口に向かう。正面に「大山富士」とも呼ばれる「波賀尾山」が見える。

Pa250008

【9:32】登山口の手前、「大山荘の里 市民農園」では収穫祭が開かれており、早速寄り道となった。

Pa250009

弁当を買う場所が無く困っていたが、美味しそうな栗いっぱいの「栗おこわ」を見つけ、早速購入。他のメンバーも新鮮な野菜を購入し、スタートからザックはいっぱいだ。

Pa250012

「栗おこわ」を販売する元気な看板娘たち!?

Pa250021

【10:01】少し出遅れてしまったが、農園に沿って東へ山裾を巻き進み、登山口を見つけて山に入る。

Pa250028良く手入れされた林を進むが、間伐された枝木はそのままで放置されていて歩きずらい。
Pa250027

これが正しいハイキングコースかと疑うような急登を悪戦苦闘しながら登る。あまり利用されていないようで踏み跡もほとんど無い。

Pa250034

【10:39】喘ぎながら40分足らずで無事、標高392m「波賀尾山」山頂に到着。

今日は男性8名、女性5名の計13名のいつも元気なメンバーです。

Pa250040

【10:56】山頂は木が生い茂り眺めも悪く、早々に下山する。

しかしかつては由緒ある山のようで西行法師の歌など紹介する看板が立てられていた。

Pa250045

【10:19】下山路は真っすぐに農園に下るルート選択!途中から植林のための林道と合流し、あっと言う間に「二宮神社」に下山できた。

Pa250050

再度、収穫祭に立ち寄ると地元出身のデュオ「ちめいど」のコンサートも開かれ、多くの人の賑わいにびっくりだ。

Pa250060

続いて、国道176号線に沿ってのどかな旧街道(山陰道)を北西に進む。

Pa250066

【12:09】歴史を感じさせる「追手神社」に到着する。

Pa250070境内には国の天然記念物にも指定され、日本最大と言われる「千年モミの木」があり、その大きさにびっくりだ。
Pa250072

広い境内で昼食とする。

Pa250080

境内には少し色づき始めた「夫婦イチョウ」の巨木もあり、銀杏の実がどっさり落ちていた。数人のメンバーが銀杏を拾い集めてお土産に!しかしこの後、銀杏のあの匂いに悩まされることに・・・。

Pa250086

【12:50】昼食と銀杏拾いを終え、「金山」に向け再スタートです。

Pa250088

【13:08】「追入神社」の手前から、「金山登山道」に入る。

Pa250096

良く整備された登山道を進むが、この鳥居は今にも崩れてきそうで恐ろしい!

Pa250098

【13:33】「大乗寺」からの尾根筋と合流し、休憩をとる。

Pa250102

【13:45】「園林寺跡」に到着。荒れているが石垣や石段が残り、往時を偲ばせる。

Pa250101_2

山頂に向かう。

Pa250106

山頂と縦走路、鬼の架橋に分かれる三叉路に差し掛かり、山頂はもう直ぐだ。

Pa250111【13:54】標高540mの「金山(きんざん)」山頂に到着する。

山頂は広場のようになり、明智光秀が丹波攻めの際に築城した「金山城跡」でもある。

この城は「黒井城」の赤井氏と「八上城」の波多野氏を監視し分断するために築かれたそうだ。

Pa250110

「黒井城」を望むポイント。

Pa250113

「八上城」を望むポイント。

これで丹波の有名な古城跡を3つとも制覇したことになる。

Pa250123

【14:06】「鬼の架橋」に向かう。

Pa250129

【14:09】「鬼の架橋」に到着。

鬼が架けたとされる言い伝えが残る奇岩で江戸時代の安藤広重の浮世絵にも描かれている名勝だ。

Pa250132

再度、記念写真をパチリ!!

Pa250136

風が強く、岩の上に立つ気持ちにはなれなかったが、なかなか面白い。「鬼の架橋」を後に下山スタートする。

Pa250144

丹波市側の「鐘ケ坂公園」に下山するルートを進む。

Pa250150

【14:59】下山途中に「明治のトンネル」への標識に従って、明治時代に掘られた「鐘ケ坂隧道」に寄って見た。

Pa250147

「鐘ケ坂隧道」(全長268m) 通称「明治のトンネル」

明治16年(1883)に日本で5番目に作られたトンネルで煉瓦造りでは日本最古だそうだ。

Pa250156

【15:16】「鐘ケ坂トンネル」(全長455m) 通称「昭和のトンネル」

昭和42年(1967)に完成したそうだ。

Pa250158

【15:23】2つのトンネルを巡って「鐘ケ坂公園」に到着し、JR柏原駅に向かって歩く。

Pa250163

歩を進めると今度は「新・鐘ケ坂トンネル」が見えてきた。山上遠くには「鬼の架橋」も見る事が出来る。
「新・鐘ケ坂トンネル」は全長1012m、平成17年(2005)に完成し、便利になりました。
このように兵庫県の篠山市と丹波市を結び、明治・昭和・平成と三代続いてトンネルが掘られることは全国でも珍しいそうです。

Pa250172

 

Pa250180

秋を満喫しながら柏原に向かって歩を進める。

Pa250184

【16:11】「傘寿の祝い」の会場「善竹寿司」に到着。

アップダウンは少ないが、見どころ多く、距離もそこそこの楽しいハイクも終わりです。

Pa250191

【16:38】ハイクは都合つかず、第二部から参加のメンバーも加え、総勢19名での「傘寿の祝い」となりました。

まずは 昨年、傘寿を迎えられたO先輩の乾杯音頭で宴会スタートです。

Pa250196

続いて、傘寿80歳を迎えられたⅯ先輩のご挨拶です。

Pa250206

花束のプレゼントを受けられ、奥様とツーショットの記念写真。

ハイキングはいつも一緒で仲良くお元気なとても羨ましいベストカップルです。

Pa250210

続いて、今年元気に後期高齢者の仲間入りをされたA先輩からの感謝状贈呈。

Pa250215

良く食べて良く飲んで宴は大いに盛り上がっています。

Pa250218

【19:19】帰りの電車に合わせて宴もお開きとなり、JR「柏原駅」に戻ります。

Pa250219

Ⅿ先輩のお見送りを受け、上り電車に乗車。

いつまでもお元気で、これからも参加をお待ちしています。

« 体育の日「香下寺」から「羽束山」へ登る。 | トップページ | 秋深まり色づき始めた11月の「三草山ハイク」 »

相野駅山の会」カテゴリの記事

ふるさと兵庫100山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「波賀尾山・金山ハイク」と「傘寿の祝い」:

« 体育の日「香下寺」から「羽束山」へ登る。 | トップページ | 秋深まり色づき始めた11月の「三草山ハイク」 »

最近のトラックバック