« 裏六甲の秘境 「丹生山系ハイク」 | トップページ | ウッディタウンウォーキングコース(みんなで歩こう 元気な三田) »

高平ウォーキングコース(みんなで歩こう 元気な三田)

P7240149

曇ってはいるが雨の心配は無さそうな日曜日朝、「みんなで歩こう元気な三田」 7コース目となる「高平ウォーキングコース」に向かった。

三田市東部「高平地区」の「もち処つくしの里」を起点に羽束川周辺を歩くコースでのどかな田園風景を満喫できるコースだ。

つくしの里→高平小学校→高売布神社→阿弥陀橋→男山八幡宮→なかよし広場→上槻瀬橋→つくしの里 全長7.2km

P7240044

スタート地点の「もち処 つくしの里」の駐車場に車を置く。

P7240050

コース案内板でコースを確認する。

P7240051【8:35】スタート!!
P7240055

【8:40】県道を北に進むと高平小学校が見えてきた。右手の山は「大船山」(標高653.1m)だ。

P7240058

【8:44】「高平橋」の手前を「高売布神社」の石標を目印に左折する。

P7240063

こんな所に「夕日橋」と書かれた橋の欄干の一部が残る。昔ここに橋が架かっていた名残か?

P7240069

【8:48】堤防沿いに1kmポイントを歩く。

P7240072_2

田んぼの向こうに「高売布神社」が見える。コースは逸れるが立ち寄ってみよう!

P7240074

【8:56】歴史を感じさせる「高売布神社」に到着する。

P7240081P7240085

拝殿裏の木造の狛犬と本殿は国の重要文化財に指定され、1513年に建立されたそうだ。

P7240088

神社前広場の真ん中に鳥居が残る。背面の山は大船山だ。

P7240097【9:17】コースに戻り、3kmポイントを通過する。
P7240102

【9:21】折り返しの「阿弥陀橋」を渡り、対岸側を引き返す。

P7240112

田んぼの中、農道を進む。前方遠くに特徴的な山容をした「羽束山」が見える。

P7240090
P7240099
P7240118

このコースの最大の特徴はなかなか見れない野鳥に出会えることは感激だ。私は名前は全く分からぬが白、グレー、黒色の大中小の色々な種類の野鳥に出会える。超望遠レンズの一眼レフカメラをセットすれば良い写真が撮れるかも?私のデジカメではこれが精いっぱいです。

P7240120【9:31】4kmポイントを通過する。
P7240138

【9:55】5.4kmポイントの「男山八幡宮」前を進む。

P7240140

【10:00】このコースに改善を願えるなら途中に休憩のためのベンチでも設置できないか?5.8kmにある「なかよし広場」まで休憩場所はない。

P7240156

【10:12】6.7kmポイントの「上槻瀬橋」を渡り、対岸に戻ればゴールは近い。

P7240046

【10:19】出発点の「つくしの里」に戻る。

P7240171

店内に入り、7個目のスタンプをもらい、ノンアルコールビールで喉を潤し、お土産のわらび餅を購入する。

「高平ウォーキングコース」は約7.2km、万歩計は約1万歩、コースは平坦で全くアップダウンは無い。「武庫川コース」同様に羽束川の周りを周回するコースだが、のどかな田園風景の中、大船山を眺めながら自然を満喫できる良いコースだ。特に多くの野鳥と出会えたことは過去にない体験で素晴らしい。

近くには「高平ナナマツの森」や「高平観福の森」と言う里山も整備されているようで機会があれば是非訪ねてみたい。

« 裏六甲の秘境 「丹生山系ハイク」 | トップページ | ウッディタウンウォーキングコース(みんなで歩こう 元気な三田) »

我が町 三田」カテゴリの記事

コメント

初めまして松原と申します。突然のコメントで申し訳ありません。
私、東京でJA兵庫六甲さんのお手伝いをしております。このたび「三田米」の広報原稿を作成する予定で羽束川の水源を紹介したいと思っております。web検索で北摂山地で探しておりました。
こちらのブログで紹介されました写真が目に止まりました。出来れば広報誌に使わせていただければと思っております。ご連絡をいただけますでしょうか。詳しくはメール等でご連絡いただければと思っております。よろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高平ウォーキングコース(みんなで歩こう 元気な三田):

« 裏六甲の秘境 「丹生山系ハイク」 | トップページ | ウッディタウンウォーキングコース(みんなで歩こう 元気な三田) »

最近のトラックバック