« 「北岳山荘」から「間ノ岳」をピストン(北岳・間ノ岳登山 三日目①) | トップページ | 眠い!暑い!とりあえず8月の「三草山ハイク」 »

「八本歯のコル」を通り「広河原」へ下山(北岳・間ノ岳登山 三日目②)

P8060111

《三日目②》

「間ノ岳」ピストンを終え、「北岳山荘」で装備を整え、いよいよ下山スタート!!

下山路は一気に1600m以上下る難コースだ。

「北岳山荘」→(トラバース道)→「八本歯のコル」→(大樺沢)→二俣→白根御池小屋分岐→広河原

P8060102

【8:30】「北岳山荘」をスタートする。

P8060108

トラバース道は「北岳」方向に緩やかな上り坂が続く。振り返れば「北岳山荘」の向こうに先ほど歩いてきた「間ノ岳」への稜線が見える。

P8060114

P8060116

このコースは評判通りお花畑が美しい。保護もされているが、高山植物の咲く密度は今まで見たどこよりも高いような気がする。

P8060127

【9:00】稜線ルートへの分岐を過ぎる。

P8060148いよいよ難路に差し掛かる。

P8060143

P8060130

ルートは厳しいがお花畑が疲れを癒してくれる。

P8060152

【9:23】「北岳」山頂ルートとの分岐に到着する。ここまでは上り坂が続いたがこれからは一気の下り坂となる。

P8060158

早速、厳しい岩場の下りとなる。

P8060168

正面に「鳳凰三山」の左から「地蔵岳」「観音岳」「薬師岳」が近くに見えてきた。「地蔵岳」の「オベリスク」もはっきりとわかる。

P8060171

【9:55】難路が続いたが「八本歯のコル」に到着だ。

P8060178今、下ってきたハシゴを振り返る。よくぞこのような場所に連続してハシゴを設置したものだ。
P8060175

【9:58】この先はまだまだハシゴが続くとの事で「八本歯のコル」で昼食とする。素晴らしい眺めだ。

P8060184【10:29】昼食を終え、下山スタートする。

再びハシゴが続く。このルートを登るのは大変だろうし、雨が降れば丸太材で作られているため滑りやすいであろう!
晴天の下り利用で良かった!

上り下り交互に譲り合いながら慎重に下山する。

P8060188

見上げれば「北岳」の鋭い絶壁が見える。これが北岳バットレスか!?

P8060192

夏休み、週末、天気予報良しと条件が揃ったせいか次々と登ってくる。目立つのは中高年層だけでなく若者の多さ、特に若い山ガールはテントを持った単独行など多さに驚く。今晩の「北岳山荘」はどうなるのかな?

P8060193【10:52】ハシゴは終わり、これからは「大樺沢」のガレ場を下る分岐に到着。「広河原」までは3時間とまだまだ先は長い。
P8060195

P8060196

「大樺沢」の急坂を下る。次々と登ってくる人たちが蟻のように見える。

P8060202

北アルプスと比べればさすがに雪渓は少ない。しかし、歩くコース上には無いものの「大樺沢」に初めて雪渓が残っていた。

P8060208P8060212

今まで見かけなかった種類の高山植物も見かける。

P8060223【12:07】ようやく 「二俣」に到着する。ここから30分ほどで初日の宿「白根御池小屋」に行くことができる。
P8060225

「大樺沢」は直射日光を浴びながらであったが、林間コースとなり歩きやすい。

P8060228

沢沿いに進む。「間ノ岳」から1600mを越える一気の下りはさすがに膝がガクガクしてきた。休み休み歩を進める。

P8060232【13:53】 「白根御池小屋分岐」に到着。二日前にも通ったところだ。ゴールは近い。
P8060234

「広河原山荘」を過ぎ、吊り橋を渡るとゴールの「広河原インフォメーションセンター」が右手に見えてきた。

P8060236

【14:19】6時間近くかかったが全員無事に「広河原」に到着し、乗合いタクシーで「芦安駐車場」に向かう。

P8060238

【15:46】「芦安駐車場」でマイカーに乗り換え、今日の宿 芦安温泉「岩園館」に到着。

P8070244

通された部屋は10畳の続き間、優しそうな仲居さんから「4人でお使いください。」と!昨夜の1畳に2人に対して、今日は20畳に4人と言う事は0.5畳:5畳/人と言う事になる。10倍の広さ!このギャップがたまらない!

Top01

まずは「岩園館」名物の源泉かけ流しの大岩露天風呂でのんびり疲れを癒す。広い風呂に入浴客は少なくのんびりと気持ち良い!(写真は岩園館HPより借用)

P8060242

続いて夕食タイム。天候にも恵まれ、ケガもなく、予定通りのコースを歩き、皆さん上機嫌!加えて温泉、美味しいお酒に料理に広い部屋と大満足の「乾杯!」です。
しかし全員元気に下山したものの60台の3人はどこが痛いとか息が上がるとかやっとこさ完走した感じだが、出発前には心配をした後期高齢者のA先輩は終始元気で恐るべき75歳で全員脱帽です。

翌日はのんびりと土産物を買いながら車を走らせ、夕方には元気に帰宅しました。

これで目的としていた国内の高山ベスト5(富士山、北岳、奥穂高岳、間ノ岳、槍ヶ岳)登頂を達成できた。 今年から「山の日」も制定され、ますます登山ブームは高まることであろう!さあ次の目標はどうしようかな?

« 「北岳山荘」から「間ノ岳」をピストン(北岳・間ノ岳登山 三日目①) | トップページ | 眠い!暑い!とりあえず8月の「三草山ハイク」 »

相野駅山の会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 「北岳山荘」から「間ノ岳」をピストン(北岳・間ノ岳登山 三日目①) | トップページ | 眠い!暑い!とりあえず8月の「三草山ハイク」 »

最近のトラックバック