« テープを確認しながらの「加東神山ハイク」 | トップページ | 晩秋の「西光寺山」から「加東神山」ハイク »

「杉みどり いちょうきいろや 笠形山」ハイク

Pb180045

小春日和の金曜日、以前より一度登ってみたかった播州平野北部「笠形山(かさがたやま)」登山口のある市川町の「寺屋公民館前駐車場」に向かった。

今日のコースは

寺家公民館前駐車場-大鳥居-笠形寺-笠形神社-笠ノ丸-笠形山-笠ノ丸-鹿ケ原-ほうらい岩-仙人滝-寺家公民館前駐車場

「笠形神社コース」を上り、「仙人滝コース」を下山する全行程9.4km、高低差約700mのコースだ。

Pb180003【9:30】自宅を出て1時間強で「寺家公民館」前の登山用駐車場に到着し、出発準備を整える。

Pb180007

【9:35】駐車場で会った宝塚在住のご夫妻と出発する。(しかし30分ほどで離ればなれに)

Pb180009

まさしく「杉みどり いちょうきいろや 笠形山」ですね。

Pb180010

【9:40】「大鳥居」に到着。

Pb180015

「大鳥居」裏の登山口からコースに入る。

Pb180023

登山口横の広場の紅葉が美しい。

Pb180034

【10:00】林道を進み「笠形寺」に到着する。

Pb180041

緩やかな上り坂の林道を進む。

Pb180043

【10:12】「休み堂」前を通過する。スタートしたばかり、まだ休憩には早すぎると先を急ぐ。

Pb180052

林道と分かれ杉林の中、登山道の緩やかな坂道を進む。

Pb180065

【10:33】紅葉が美しい「笠形神社」に到着だ。 さすがに紅葉の名所と呼ばれるだけの事はあるね!

Pb180081

姫路城の昭和の大修理の際、天守閣の心柱に「笠形神社」のご神木を運んだそうだ。紹介する記念碑が立つ。平成の大修理ではどうなったのかな?

Pb180089

神社の裏から 厳しい上りに差し掛かる。

Pb180093

【10:49】南側の展望が開ける眺めの良い尾根筋に出る。

Pb180096【10:54】「仙人滝」への分岐を過ぎる。

Pb180099Pb180101

「笠ノ丸」へ丸太の階段が続く。 なかなか厳しい上りで息が上がる。

Pb180102

【11:11】見晴らしの良い広場になっていて東西の展望が開ける「笠ノ丸」に到着。「笠形山」へはここからピストン往復となる。

Pb180117

「笠形山」に向かい下りに入ると前方に木々の間から山頂が見えてきた。

Pb180143

【11:20】鞍部に到着。「神河町」の「グリーンエコー笠形」への分岐となっている。

Pb180124

最後の上りだ。ガンバロー!

Pb180127

【11:34】スタートしてちょうど2時間、標高939m「笠形山」山頂に到着。

Pb180133

山頂には休憩用の東屋が建つ。

Pb180139

ススキ原の向こうに360度のすばらしい展望が開ける。

Pb180132_2

北側には稜線が連なり7月に登った「千ヶ峰」へと続く。

Pb180134一等三角点もある。

Pb180141

【12:02】昼食をとり、30分ほど休んで今来た道を「笠ノ丸」に向けて下山スタートする。

Pb180147

【12:19】「笠ノ丸」に戻り、右手「仙人滝・鹿ヶ原」方向に進む。

Pb180156

【12:27】あせびが群生する「鹿ヶ原」を進む。休憩所も整備され気持ち良い場所だ。

Pb180166

続いて杉の植林地に入る。落ち葉がいっぱいでコースを覆い、テープを確認しながら慎重に進む。

Pb180174

【12:47】「ほうらい岩」に到着。20m急な坂道を下ると見晴らしの良い平らな岩があるそうだが良く分からず行かず!残念!

Pb180177

急な下り坂のガレ場となる。足元に気を付け慎重に下る。

Pb180180

【13:08】炭焼窯跡前を進む。

Pb180188

【13:13】落差10mほどの小さな「仙人の滝」に到着し、休憩をとる。

Pb180191

荒れた道が続いたが緩斜面となる。

Pb180198

【13:32】林道に出て早足で先を急ぐ。

Pb180204

【13:51】「仙人滝コース登山口」に到着し鹿除けゲートを出る。

Pb180212

麓の集落に下山し、「笠形山」を振り返る。

Pb180222

【14:03】スタート地点の「寺家公民館前駐車場」に戻る。スタートから約4時間半、下山スタートからちょうど2時間の道のりだ。「笠形山」が良く見える。

先日の「加東神山」とは大違い!平日のためか3組しか途中で会わなかったが、さすがにどのガイドブックにも紹介されているだけある素晴らしいコースだ。

天候に恵まれ、名所旧跡あり、展望良し、変化あり、コース整備も行き届き満足の行くハイクだった。

« テープを確認しながらの「加東神山ハイク」 | トップページ | 晩秋の「西光寺山」から「加東神山」ハイク »

日帰りハイキング」カテゴリの記事

ふるさと兵庫100山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「杉みどり いちょうきいろや 笠形山」ハイク:

« テープを確認しながらの「加東神山ハイク」 | トップページ | 晩秋の「西光寺山」から「加東神山」ハイク »

最近のトラックバック