« 「杉みどり いちょうきいろや 笠形山」ハイク | トップページ | 新ブランド米「奥三田」ポスターに採用されました。 »

晩秋の「西光寺山」から「加東神山」ハイク

Pb240013

東京では11月に雪が降るのは半世紀ぶりだとか!?関西でも寒い朝を迎えたが、良く晴れた気持ち良い朝だ。ならばと近くにありながらまだ登った事のない「西光寺山」に向かった。隣町の篠山市今田町と西脇市の境にあり、山頂は西脇市側にあり、西脇市最高峰だとか?

Saikoji_20160802

今日のコースは篠山市今田町本庄の登山口から

今田町本庄登山口→東屋→炭焼窯→西光寺山→洞ヶ山→加東神山→東屋→今田町本庄登山口

Pb240001

国道372号線から「西光寺山」が見えてきた。

Pb240006

本庄墓地の駐車場に車を停め出発準備を整える。

Pb240005

【10:15】「近畿自然歩道」看板前をスタートする。

Pb240011

林道を進む。

Pb240025

【10:32】歩きやすい林道を歩き東屋に到着。100m手前に「サギソウ」の自生地があったようだ。また夏に来て確認してみよう。

Pb240038

【10:44】山道に入り、しばらく進むと「炭焼窯」に到着。まだ使用しているようだ。

Pb240044厳しい上りが続く。

Pb240049

【11:13】厳しい上りが続くが木々の間から山頂が見えてきた。

Pb240054

【11:24】稜線に到着し山頂までは残り僅かだ。

Pb240059

【11:27】小さな祠が建つ標高713mの「西光寺山」に到着。スタートして1時間12分、近畿自然歩道のしっかりした標識が立ち、危険個所も無く迷う心配もない。昔から地域の皆さんに親しまれている良いコースだ。

Pb240065

西脇側への下山路すぐに「西光寺山」の標識発見!山頂にも設置してほしいなぁ!

Pb240075

立派な東屋も設置してある。

Pb240060

三角点がある。

Pb240070

山頂からは360度の展望が開ける。東方には「白髪岳」や「虚空蔵山」など馴染みの山々を見る事が出来る。

Pb240078

南方には雄岡山、雌岡山の向こうに明石海峡から淡路島を望むことができる。

Pb240081

【11:57】先日登った「加東神山」が間近に見える。二度と登らないと宣言したばかりだが行って見ようかと30分ほど休んで出発する。

Pb240090【12:00】元来た道を引き返し、稜線上を下山路を通り過ぎ進む。

Pb240091Pb240095

近畿自然歩道とは大違いだが、テープの表示を頼りに進む。

Pb240097

コルを過ぎ「洞ヶ山」への上りは急坂だ。

Pb240101Pb240098

【12:17】標高672m「洞ヶ山」山頂に到着。古い慰霊碑か?石碑が立つ。

Pb240103_2

テープを頼りに「加東神山」を目指す。

Pb240104

【12:26】「西光寺山」山頂をスタートして30分でつい10日ほど前やってきた標高648mの「加東神山」に到着だ。

Pb240107しかし下山路が分からない。コンパスとYAMAPのGPSとにらめっこしながら下山路と書かれたテープ発見!!

Pb240110

またも悪戦苦闘の連続だ。YAMAPのGPSが無ければとても不安で引き返したであろう。テープを確認しながら進む。

Pb240116

落ち葉が踏み跡を隠してしまう事が分かりずらくさせている一番の要因か?

Pb240119

【13:19】何とか無事林道に出た。

Pb240120

【13:21】往路にも通った三叉路に出た。もう大丈夫と確信する。

Pb240124

【13:34】スタートして3時間20分ほどで出発点の駐車場に到着した。

近畿自然歩道になっている往路の炭焼窯コースは良く整備された良いコースだ。「西光寺山」山頂の展望も素晴らしい。下山路ももう少し整備すればホントお勧めできる良いコースになるのだが・・・?

« 「杉みどり いちょうきいろや 笠形山」ハイク | トップページ | 新ブランド米「奥三田」ポスターに採用されました。 »

日帰りハイキング」カテゴリの記事

ふるさと兵庫100山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 晩秋の「西光寺山」から「加東神山」ハイク:

« 「杉みどり いちょうきいろや 笠形山」ハイク | トップページ | 新ブランド米「奥三田」ポスターに採用されました。 »

最近のトラックバック