« 薄っすらと雪化粧!2月の「三草山ハイク」 | トップページ | ポカポカ陽気の中、3月の「三草山ハイク」 »

「国生み神話」で知られる「淡路富士・先山ハイク」

P2040053

2月4日は立春!暦の上では春だがまだまだ厳冬と言うのが決まり文句だが朝起きると一か月タイムスリップしたような好天となった。ならば水仙が見ごろと聞く淡路島の「ふるさと兵庫100山」に登ってみようかと車を走らせた。

向かった山は「先山(せんざん)」。低山だが山容が富士に似ている(?)ところから「淡路富士」と呼ばれ、「国生み神話」ではイザナギノミコト、イザナミノミコトの二神が矛から滴るしずくによって最初にできた山、日本列島発祥の地とされ「先山」の名がついたとされる淡路の名山だ。

P2040020

高速道路を乗り継ぎ、「明石大橋」を渡る。気持ち良い晴天だ。

P2040027

「淡路サービスエリア」で休憩し「明石大橋」を眺める。いつ見ても素晴らしい眺めだ。

P2040035

【9:53】家を出て1時間半、洲本ICで降りてすぐの淡路四国八十八ヶ所第二番札所「蓮光寺」の駐車場に車を停めさせてもらいスタートする。

001_microsoftedge_user_default_webn

歩いたコースは
蓮光寺-下内膳登山口-下内膳参道-十六丁分岐-先山(千光寺)-十六丁分岐-岩戸神社-上内膳ルート-上内膳登山口-蓮光寺

歩行距離 約6.6km、高低差 443m

P2040040

左手に「先山」を眺めながら長閑な田園地帯を北東に進む。

P2040058_2

【10:09】進路を北に変え、高速道上を「先山」に向け、進む。

P2040062_2

梅の花も咲き、春を思わす陽光が心地よい。

P2040066_2

【10:18】いのしし除けガードが設置された登山口に到着だ。さあ!先山に向けゴー!

P2040070_2

【10:22】下内膳との分岐に差し掛かる。

P2040076_3

【10:25】丁石が並び、六丁では色とりどりの帽子をかぶった石仏が並び信仰の山であった歴史を感じる。

P2040079_4

【10:29】よく整備された登山道で舗装道が続くが七丁からは長い石段だ。

P2040091_3

【10:38】地道となり、九丁前には大きな石に彫った石仏が残る。この場所で彫られたのか?

P2040094_2

【10:42】手作りベンチが設けられた「大天蓼公園」前を進む。

P2040103

【10:54】徐々に上りはきつくなり、上内膳からの登山道との分岐のある九丁を過ぎれば山頂は近い。

Imgp0037

【10:57】「別格本山千光寺」「淡路四国第一番霊場」と書かれた石標が立つ「千光寺」下に到着。

P2040107

車での参拝者も合流し、長い石段を上る。

Imgp0036

本堂の建つ「先山」山頂へはもう少し登らねばならない。

P2040112

【11:03】「先山 千光寺」本堂の建つ標高448m「先山(せんざん)」山頂に到着する。「蓮光寺」から70分、登山口から45分かかった。
いつもプードルを連れて登っていると言うご婦人としばらく談笑し、「千光寺」の見どころを教えてもらう。

Imgp0019

本堂、鐘楼、三重塔、仁王門と文化財が立ち並ぶ。いつも思うことだがこんな山上に昔の人はホント偉い!!高野山真言宗の別格本山で平安時代の開創だそうだ。

P2040115

本堂前には狛犬ではなく狛猪が鎮座している。

P2040117本堂前に建つ立派な三重塔。

Imgp0033

「洲本八景」にも選ばれる展望所からの素晴らしい眺め。

P2040127

境内でのんびり休息後、十六丁石を右折し、山頂下にある「岩戸神社」に立ち寄る。

Imgp004011:38】巨岩を祀る「岩戸神社」

P2040133

【11:45】鳥居まで戻り、その先を右折し、「上内膳」への登山道を下山することにしたが、整備が行き届いた下内膳ルートとは大違いで荒れ放題でほとんど歩く人もいないようだ。YAMAPのGPSが無ければ一人では不安になり、進めなかったであろう。

P2040140

【11:52】不安な気持ちで荒れた山道を下っていると 大きな石に彫られた十丁の丁石を見つけた。昔はこちらのルートも往路同様に栄えた参道であったのであろう。

P2040144

落ち葉が積り、フワフワで膝には良いかも・・・?

P2040145

【12:12】最後は薮漕ぎ状態で登山口のしし除けガードに到着。こちらから上るには勇気がいるかも・・・?

P2040154

路端に可憐に咲く水仙を見ながら、駐車場を目指す。

Imgp0049

たまねぎ畑の向こうに「先山」が美しく見える。

P2040159

【12:34】ガイドブックのコースタイムを見ると山頂での休息も見れば4時間ほどのコースと思っていたが、素晴らしい好天に恵まれ、2時間40分でスタートの淡路四国第二番霊場の「蓮光寺」駐車場に到着する。

天気が良く、水仙や梅の花も咲き、上りはコースも良く整備され、歴史遺産も多く、春の息吹を感じる大満足なハイクであった。

P2040162

下山後に途中SAで買ったおにぎりを食べ、道の駅でおみやげの玉ねぎを買って、早々に帰宅した。

« 薄っすらと雪化粧!2月の「三草山ハイク」 | トップページ | ポカポカ陽気の中、3月の「三草山ハイク」 »

日帰りハイキング」カテゴリの記事

ふるさと兵庫100山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「国生み神話」で知られる「淡路富士・先山ハイク」:

« 薄っすらと雪化粧!2月の「三草山ハイク」 | トップページ | ポカポカ陽気の中、3月の「三草山ハイク」 »

最近のトラックバック