« 「あまんじゃこ」のふるさと「妙見富士ハイク」 | トップページ | 梅は咲いたか桜はまだかいな?4月の「三草山ハイク」 »

摂津と丹波の国境の山「大野山ハイク」

Imgp0180

3月も残り一週間となったがなかなか暖かくならず、桜の開花も遅れそうだ。土曜日恒例となってきた「ふるさと兵庫100山」ハイクに出かけた。

今日の山は摂津と丹波の国境、猪名川町と篠山市の境、「大野山(おおやさん)ハイク」。

登山口は猪名川町側がメインのようだが我が家から近い篠山市側から登ることにして車で約45分、登山口の「丹波篠山渓谷の森公園」に向かった。

001_microsoftedge_user_default_we_2

コースは

丹波篠山渓谷の森公園駐車場-大野アルプスランド-大野山-丹波猪村-丹波篠山渓谷の森公園駐車場

全行程 約5km、高低差 約400m  3時間ほどのコースだ。

P3250226

丹波篠山渓谷の森公園駐車場に車を停める。

P3250231

【10;07】スタートし、テントサイトが並ぶ「丹波篠山渓谷の森公園」を登山口に向かう。

P3250239

【10:14】今やどこに行っても見かけるシカ除けガードから登山道に入る。

P3250246標識に従って植林地を進む。

P3250247

渓谷沿いにコースは徐々に勾配がきつくなる。

P3250254

【10:37】中間点を越え、尾根筋に出た。標識はしっかりと整備され、迷う心配は無さそうだ。

P3250264

【11:00】山頂下の「大野アルプスランド」駐車場に到着。

展望のきかない登山道を50分ほど登ってくると突然の別世界!猪名川側から車で来れる「大野アルプスランド」に到着する。駐車場の向こうに見えるのは「猪名川天文台」だ。

P3250270

キャンプ場が整備され、まだまだシーズンオフだが多くのテントが張られていて驚く。

この辺りには平安時代には日光寺という寺があり、栄華を誇っていたそうだ。

正面に見える山頂を目指す。

P3250272

山頂への上り坂の両側には多くのアジサイが植えられている。シーズンには見事であろう。

Imgp0167

【11:11】標高753mの「大野山(おおやさん)」山頂に到着。スタートしてちょうど1時間ほどだ。山頂周辺は猪名川町になるようだ。

Imgp0169

山頂は広い草原となっている。

Imgp0166

山頂からはほぼ360度の素晴らしい展望が開け、消化不良気味だった気持ちが晴れる。

北西方向には「猪名川展望台」の向こうに「白髪岳」から「千ヶ峰」などの山々が見える。

Imgp0159

南東側にはNTTの電波塔が建ち、ゴルフ場が良く見える。

Imgp0181

南西側には地元三田の山々の向こうに遠く六甲の峰々や雄岡山・雌岡山が見える。

P3250283

直下の「大野アルプスランド」を見下ろす。

Imgp0172

【11:46】早めの昼食を終えて、「丹波猪村」に向け、下山スタートする。ここまでは順調だったんだが・・・。

P3250292

スタートすぐにコースが良くわからない!荷造り紐のガイドを頼って急坂を下る。

P3250293

続いて紐を頼りに沢を下るが、その後紐が見失う。YAMAPのGPSで現在地を確認すると西側に逸れていることがわかる。

P3250299

【12:38】 コンパスとYAMAPを頼りに道なき山坂を突き進んで無事コースに戻ることができた。しかし歩く人は少ないようで踏み跡は無い。

良くわからないがスタート時点から間違っていたような気がする。ならばあの標識は何?いずれにしろお薦め出来ないルートだ。

P3250304

【12:51】何とか無事シカ除けガードに到着する。

P3250305

【12:55】程なく「丹波猪村」に到着する。猪も飼われているようだが、食堂やキャンプ場などが整備されている。

P3250312

想定外に悪戦苦闘し、時間も要したのでのんびりコーヒーをいただくことにした。

P3250314

県道を5分ほど歩きスタート地点の「丹波篠山渓谷の森公園」駐車場を目指す。

P3250317

【13:21】3時間少しでスタート地点の「丹波篠山渓谷の森公園」駐車場に到着。

山頂からの眺めは素晴らしいがコース的にはイマイチだな!?

« 「あまんじゃこ」のふるさと「妙見富士ハイク」 | トップページ | 梅は咲いたか桜はまだかいな?4月の「三草山ハイク」 »

日帰りハイキング」カテゴリの記事

ふるさと兵庫100山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 摂津と丹波の国境の山「大野山ハイク」:

« 「あまんじゃこ」のふるさと「妙見富士ハイク」 | トップページ | 梅は咲いたか桜はまだかいな?4月の「三草山ハイク」 »

最近のトラックバック