« 加西アルプス「善防山」から「笠松山」ハイク | トップページ | 摂津と丹波の国境の山「大野山ハイク」 »

「あまんじゃこ」のふるさと「妙見富士ハイク」

Imgp0146

今日から3連休、比較的天気も良さそうなので「ふるさと兵庫100山」ハイクに出かけた。我が家から車で1時間ほど、向かった山は「妙見山」。100山には「妙見山」が三座あるが、向かったのは播磨の「妙見山」だ。多可郡多可町にあり、「妙見富士」と親しまれている秀峰だ。

しかし独立峰だが富士には見えないなぁ~!?

001_microsoftedge_user_default_we_2

今日のコースは

那珂ふれあい館駐車場-東山登山口-東山コース-妙見山-牧野コース-牧野登山口-林道-那珂ふれあい館駐車場

全行程7.3km、高低差550m、3時間強のコースだ。

P3180227_2

【10:31】 東山古墳群を中心に公園化された「那珂ふれあい館」の駐車場を出発する。正面に「妙見山」の雄姿が見える。

P3180231

【10:33】「シカ除けガード」を抜け、登山コースに入る。

P3180233

右手に「妙見富士ゴルフ場」を見て進む。

P3180237

【10:44】林道を進み、いよいよ「東山登山口」からコースに入る。

P3180240

右手に「妙見山」が見えてきた。

P3180242

【10:47】「1合目」を通過する。

P3180245

【10:55】「城山」との分岐、「3合目」を寄り道せず頂上を目指す。

P3180249く整備されたコースだが徐々に傾斜は急になる。

P3180254P3180262

【11:08】「5合目」【11:26】「7合目」と快調に進む。

P3180266

【11:28】「あまんじゃこの忘れ石」と書かれた大きな看板に到着。「あまんじゃこ」とはこの地域に残る伝説の主人公の妖怪で多可町の由来でもあり、「笠形山」まで橋を架けようとした土台の石がこの「忘れ石」だと紹介されている。しかしその石がどれかはわからなかった。

P3180272

【11:36】上り坂は少しずつ急になり展望台に到着する。

P3180274

展望台からは南側の展望が開ける。

P3180277

【11:46】「9合目」に着き、尾根筋を進む。

P3180286

山頂手前のピークから一旦下り、コル部には避難小屋が建っていた。山頂は近い。

Dsc_0170

【11:51】ふれあいセンターから1時間20分で「妙見山」山頂に到着。山頂は大きな岩で覆われている。

Imgp0114

標高693mの「妙高山」山頂は二等三角点があり、眺めが良い。

Imgp0122

北東方面を除いて展望が開けるが曇ってきたのは残念だ。

Imgp0119

北側の「千ヶ峰」はまだまだ雪が深さそうだ。

Imgp0127

【12:14】おにぎりを食べ、東側「牧野コース」を下山スタートする。

Imgp0128

落ち葉を踏みしめ下る。東山ルートより傾斜はきつそうだ。

Dsc_0173

【12:23】「9合目」に着き、先にある展望台に立ち寄る。

Imgp0132

展望台からは山頂から見えなかった東側の展望が開ける。

Dsc_0175

【12:38】「7合目」を過ぎる。新しい標識が両ルートともしっかり設置され、迷う心配は無い。

Dsc_0179

植林帯を下る。間伐された枝がコースを覆いテープ、マークを確認しながら慎重に進む。

Dsc_0180

【12:59】シカ除けネットを出て、林道に入る。

Imgp0137

林道をスタート地点に向かい進む。

Imgp0141

【12:34】 東山登山口まで戻ってきた。

Imgp0142

ゴールは近い。

Imgp0149

【12:40】ドンより曇ってきたが雨には降られることなく、スタート地点の「那珂ふれあい館」に到着する。

公営の広い駐車場あり、コース整備、標識整備も行き届き、山頂からの眺望も良い。危ない所も無く、単調さはあるがモデルハイキングコースのようなコースであった。

« 加西アルプス「善防山」から「笠松山」ハイク | トップページ | 摂津と丹波の国境の山「大野山ハイク」 »

日帰りハイキング」カテゴリの記事

ふるさと兵庫100山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「あまんじゃこ」のふるさと「妙見富士ハイク」:

« 加西アルプス「善防山」から「笠松山」ハイク | トップページ | 摂津と丹波の国境の山「大野山ハイク」 »

最近のトラックバック