« 豪雨被害の爪痕今なお残る「五台山ハイク」 | トップページ | 日本一低いアルプス「小野アルプス縦走ハイク」 »

山上の庭園?「白岩山ハイク」

Dsc00188_2

あすからは本格的梅雨の到来だとか?今日日中は雨の心配は無さそうなので「ふるさと兵庫100山」54座目として神崎郡神河町「白岩山(しらいわやま)」に向かった。

P6200003

我が家から北西約60km、中国道を走り、福崎ICから播但自動車道に入り、神崎北ランプから国道312号線を北へ。猪篠の信号を右折し、約15分で「猪篠浄水場」先の沈殿池横の空き地に車を置く。

001_microsoftedge_user_default_webn

歩いたコースは 猪篠沈殿池横→東コース→東西コース合流点→「白岩山」山頂→東西コース合流点→西コース→猪篠集落→猪篠沈殿池 歩いた距離は5.1km、高低差 677m

P6200004

【9:45】 林道の中、東コースをスタートする。

P6200006

【10:01】 これから向かう「白岩山」が見えてきた。

P6200015

【10:08】 堰堤を過ぎて、すぐ左手に朽ちかけた登山口の道標を発見し、山道に入る。草が覆い、危うく通り過ぎそうだった。

P6200017

沢沿いに荒れたコースを進む。予想通り訪れるハイカーの数は少ないようだ。

P6200024

【10:22】 丸太橋を渡る。古いが道標はしっかり整備されていて迷う心配は無さそうだ。

P6200026

良く整備された植林帯の中を九十九折にひたすら登る。

P6200036

【10:49】 西コースへの尾根筋に出た。

P6200040

山頂へのルートは「山上の庭園」と呼ばれるに相応しい大きな岩と馬酔木、ススキのコントラストが美しい。

P6200046

【10:59】 スタートから1時間15分ほどで標高973m「白岩山(しらいわやま)」山頂に到着。

P6200051

山頂からは360度展望が開けるのではと期待したが西から南にかけてのみだが晴れ間はあるものの靄がかかったようで周囲の山々ほとんど見えない。

P6200059

【11:42】 のんびり昼食をとり、下山スタートする。

P6200062

春先の馬酔木の可愛い花の満開時や晩秋のススキの穂が美しい時にはなかなかの景観かも・・・?

P6200065

【11:49】 分岐点を西コースに進む。

P6200070

紛らわしいポイントにはしっかりと標識とロープが立てられている。

P6200073

西コースもひたすら植林帯の中を下る。

P6200078

植林帯を下るが勾配は急で間伐材が散乱し、コースもわかりづらく、歩きにくい。

P6200081

【12:33】 意外とあっけなくゲートに到着する。

P6200085

里山風景の残る猪篠の集落に出て、スタート地点を目指す。山中で迷う事は無かったが、集落の中で車を置いた場所がわからずしばらく迷う。

P6200088

【12:43】 東西コースの分岐点に出て、東コースへ進む。

P6200090

【12:52】 スタート地点の猪篠沈殿池横に到着。下りは約50分ほどトータルで約3時間ほどで下山した。

「ふるさと兵庫100山」に選定されているので登ったが、予想通りつまらないコースだった。山頂周辺は庭園風の風情はあるものの展望もイマイチだし、コース途中はずっと植林帯の中を彷徨うだけで何も見えない。あまりハイカーも来ていないようで平日とは言え、終始誰にも会う事は無かった。

また、上りは東コース、下りは西コースを選択したが、逆が正解であろう。単調な林道は下りに利用し、長く間伐材の散乱する植林帯は上りに利用する方がベターであろう。

« 豪雨被害の爪痕今なお残る「五台山ハイク」 | トップページ | 日本一低いアルプス「小野アルプス縦走ハイク」 »

日帰りハイキング」カテゴリの記事

ふるさと兵庫100山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山上の庭園?「白岩山ハイク」:

« 豪雨被害の爪痕今なお残る「五台山ハイク」 | トップページ | 日本一低いアルプス「小野アルプス縦走ハイク」 »

最近のトラックバック