« 梅雨の合間 汗びっしょりで7月の「三草山ハイク」 | トップページ | 雄大なる信仰の山「薬師岳登山」(初日・太郎平小屋に) »

ヤマヒルに噛まれ、道間違い、さんざんの「青倉山ハイク」

Dsc00033

梅雨は明けたが不安定な天候が続く。しかし今日は回復方向で雨の心配は無さそうだ。7月になり一度も「ふるさと兵庫100山」を一座も登っていない事に気づき、どこか登っておこうと「青倉山ハイク」に向かった。

舞鶴道から北近畿自動車道に入り、青垣ICで降り、青垣峠を越え、黒川温泉、黒川ダムを抜け、登山口の「青倉神社」に1時間半ほどで到着。しかし途中の国道は名ばかり、道狭くカーブの連続で酔いそうな道だった。

「青倉神社」は朝来市(あさごし)にあり、「青倉山」の中腹、山深い場所だ。「朝来市」は竹田城址や生野銀山で有名な兵庫県北部の町だ。

001_microsoftedge_user_default_webn

今日のコースは 青倉神社駐車場-青倉神社-峠-奥の院-青倉山-峠-青倉神社駐車場

*山頂手前から東に出ている軌跡はコースを間違えた軌跡です。

P7260072

【10:00】 「青倉神社」の駐車場に車を置く。天候の回復は遅れているようでガスがかかり、今にも雨が降り出しそうな天候だ。

P7260002

【10:10】 案内に従って「青倉神社」に向かう。

P7260008

歴史を感じさせる古い神社だ。常駐の人はいないようだ。

P7260014

石段を登り、まずは安全を祈って参拝後、山道に入ることにした。

P7260013

【10:19】 石段途中の道標に従って右手の山道に入る。

P7260016

細い沢筋を登るが踏み跡がはっきりせず迷いやすい。

P7260018_2 沢の右手に道標を発見し、斜面を巻くように進む。

P7260020

斜面を九十九折に進む。緩斜面で歩きやすい道だ。

P7260022

雨が多かったせいであろう!?あちこちに大きなきのこが生えている。美味しそうに見えるのだが食べれないのかな?

Dsc00001

【10:43】 黒川に繋がる稜線上の峠に着く。「青倉山」山頂に向かう。

P7260027

「青倉山」山頂に向かうが厳しい登りの丸太の階段が続く。雨に濡れ、滑りやすく注意が必要だ。

P7260029

【10:56】 山頂手前のピークに到着する。ここで道を間違った!稜線が北と東に続き、どちらにも踏み跡は残る。うかつにも東に進み、徐々に踏み跡が無くなり、テープも見失い、YAMAPで位置を確認し、間違った事に気づき引き返した。【11:17】 テープが北側に続いていることを見つけ山頂に向かう。20分ほどロスしてしまった。

P7260032

快適な稜線を進む。

P7260035

【11:25】 「奥の院」への標識あり、立ち寄ることにした。

P7260039

【11:27】 程なく「奥の院」に到着。小さな祠が建つ。

P7260041

コースに戻り、稜線を進むと大きな反射板が見えてきた。山頂は近い。

Dsc00004

【11:32】 標高811mの「青倉山(あおくらさん)」に到着する。コースを間違った時間を差し引くとちょうど1時間くらいかかった。スタート地点の駐車場は標高538mほどなので標高差は270mほどだ。

P7260053

山頂の南側には関西電力の大きな反射板が建ち、南側は小さな広場となっている。

Dsc00013

西側の展望が開け、朝来の街並みが見える。その向こうに山々が見える。当初はのんびり昼食予定であったが登山途中から手の甲にヤマヒルが落ちてきたり、ズボンのすそにヤマヒルが張り付いていたり、ブヨがブンブン飛び交いゆっくりと座っている気にはなれず、写真を撮って早々に下山することにした。

P7260054

【11:52】 下山スタート。南側の山々も見えるが樹林が育ち、良く見えない。

P7260060

【12:12】 往路を引き返し、峠から「青倉神社」に向かう。

P7260067

【12:36】 「青倉神社」に戻り、ゆっくりと参拝する。

P7260061 P7260063

本殿裏の岩場から湧き出る水はホウ酸を含んで目の病に効く事から「目の神様」として広く信仰を集めているそうだ。

P7260065

本殿裏に巨岩に囲まれた拝殿がある。この巨岩がご神体だそうだ。

P7260075

【12:42】 スタート地点の駐車場に戻る。

P7260081 P7260077

P7260080

P7260083_2

駐車場に戻り、登山靴を脱いで履き替えようとしたら「ヤマヒル」が4匹も出てきた。靴下にはべったりと血も出ている。まじまじと初めて「ヤマヒル」を見たが気持ち悪い!!帰り道、スポーツジムで汗を流そうと風呂に入るためズボンを脱ぐと膝近くにも赤く丸々とした「ヤマヒル」が張り付いていた。周囲は血がべったり!

わずか2時間ほど、軽い気持ちで登った「ふるさと兵庫100山」55座目の「青倉山ハイク」だったが、。「ヤマヒル」や「ブヨ」に遭遇し、道を間違ったっりと思い出深いハイクとなった。

Dsc00034

麓の町まで下り、振り返ると天候も回復し、「青倉山」がきれいに見える。

このコースはあまり登っている人はいないようだ。コース途中はほとんど見晴らしは良くなく、山頂からもイマイチだ。梅雨時は「ヤマヒル」の洗礼を浴びる事間違いなしでお薦めしない。紅葉シーズンに「青倉神社」を絡めてのハイクが最適時期か・・・?

« 梅雨の合間 汗びっしょりで7月の「三草山ハイク」 | トップページ | 雄大なる信仰の山「薬師岳登山」(初日・太郎平小屋に) »

日帰りハイキング」カテゴリの記事

ふるさと兵庫100山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤマヒルに噛まれ、道間違い、さんざんの「青倉山ハイク」:

« 梅雨の合間 汗びっしょりで7月の「三草山ハイク」 | トップページ | 雄大なる信仰の山「薬師岳登山」(初日・太郎平小屋に) »

最近のトラックバック