« ヤマヒルに噛まれ、道間違い、さんざんの「青倉山ハイク」 | トップページ | 雄大なる信仰の山「薬師岳登山」(2日目・薬師岳往復) »

雄大なる信仰の山「薬師岳登山」(初日・太郎平小屋に)

Dsc00167

8月に入り、今年も「相野駅山の会」の夏山登山に向かった。 一昨年の白馬岳、昨年の北岳、間ノ岳とデータ上、一番天候が安定している8月一週目の登山は3年連続だ。

当初は立山・室堂から入り、五色ガ原とスゴ乗越に宿泊して、北薬師岳側から薬師岳を縦走し、太郎平小屋に宿泊して折立に下山する縦走路を計画していた。

しかしながら、日本の南海上を迷走していた台風5号が北上の気配を見せ、もし急に近づいて来れば縦走路で途中の逃げ道は無いため安全第一で予定を一日短縮し折立から太郎平小屋、薬師岳を往復する事にした。

Photo

スケジュールは

8月1日(火) 相野=大阪=金沢=富山(泊)

8月2日(水) 富山=折立-1871m三角点-五光岩ベンチ-太郎平小屋(泊)

8月3日(木) 太郎平小屋-薬師峠-薬師岳山荘-薬師岳-薬師岳山荘-薬師峠-太郎平小屋(泊)

8月4日(金) 太郎平小屋-五光岩ベンチ-1871m三角点-折立=富山=相野

P8010002

【8/1 22:42】 サンダーバード、北陸新幹線を乗り継ぎ、富山に到着し、駅前で前泊する。

P8020006

【8/2 5:17】 新幹線開通後初の富山だが立派な駅前にびっくりだ。

P8020008

【5:20】 前夜予約していたジャンボタクシーで登山口・折立に向かう。

P8020019

【6:48】 折立登山口に到着し、出発準備を整える。日が射してきて雨の心配は無さそうだ。

P8020021

【7:22】 標高1350mの折立登山口を出発する。標高2330mの太郎平小屋まで約1000mの一気の登りだ。

P8020024_2

ブナと針葉樹が入り混じる太郎坂の急坂をジグザグに進む。前日までの雨が多かったようで道はぬかるみ歩きにくい。

P8020038_2待望の太陽が出てきたが汗が噴き出す。

P8020040

【9:22】 標高1871m三角点に到着する。樹林帯が切れ、視界が開ける。コースタイム通りの2時間で到着!優秀!優秀!

P8020045

【9:38】 休憩後、樹林と草原が交じるコースを進む。

P8020057

環境保護のための木道が現れる。

Dsc00038

右手下に昭和36年に完成した有峰湖を見下ろす。薬師岳は湖底に沈んだ有峰集落の人たちの信仰の山だったそうだ。

Dsc00069

お花畑も多く姿を現す。

Dsc00059

ニッコウキスゲの黄色い花も印象的だ。ニッコウキスゲにトンボ!

Dsc00062

【10:20】 樹林帯を抜け、展望が開けてきた。しかしガスはなかなか晴れない。

Dsc00116

次々と可憐な高山植物が咲いている。別途まとめて掲載しよう!

Dsc00078

随所に休憩用のベンチも設置され、なだらかな坂道をのんびりと進む。

P8020107_2【11'38】 標高2196m、五光岩ベンチに到着。三角点からちょうど2時間かかってる。

P8020108

前夜、コンビニで仕入れた昼食タイムとする。

P8020110

【12:11】 昼食を終え、太郎平小屋目指し出発する。

Dsc00132

ガスはなかなか晴れないが、草原の中、緩やかな坂道を進む。

Dsc00145

チングルマの群落が広がり、疲れを癒してくれる。

P8020126

あっけなく「太郎平小屋」が見えてきた。

P8020131

【12:58】 今日のゴール標高2330mの「太郎平小屋」に到着。五光岩ベンチから45分しかかかっていない。コースタイムの設定がおかしいのでは・・・?折立からも休み休みで5時間半ほどしかかかっていない。ホント元気なメンバーです。

P8020152

何はさておき全員元気に到着を祝って、まずは生ビールで乾杯!!

P8020150

「太郎平小屋」の名前入りのジョッキも洒落てるね!一杯=1000円はちと高いが誘惑には勝てない!

P8020139

「太郎平小屋」にチェックイン!6人部屋だがメンバー7人で個室に入れてもらった。薬師岳へ雲ノ平へそして黒部五郎岳への登山基地となる人気の山小屋だ。今日も定員150人、ほぼ満員のようだ。

Dsc00156

部屋でしばらく休憩後外へ出てみるとガスが晴れてきた。 南東側には左手から水晶岳、鷲羽岳手前には雲ノ平などを見渡すことができた。

Dsc00159_2

薬師岳も見えてきた。やはり雄大な山容の山だ。

P8020143

小屋の周辺ではニッコウキスゲも満開。

天候にも恵まれ、初日は予定通りに余裕を持って無事終了した。明朝、朝食は5時からでもあり20時頃には就寝。

« ヤマヒルに噛まれ、道間違い、さんざんの「青倉山ハイク」 | トップページ | 雄大なる信仰の山「薬師岳登山」(2日目・薬師岳往復) »

旅、山登り」カテゴリの記事

相野駅山の会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雄大なる信仰の山「薬師岳登山」(初日・太郎平小屋に):

« ヤマヒルに噛まれ、道間違い、さんざんの「青倉山ハイク」 | トップページ | 雄大なる信仰の山「薬師岳登山」(2日目・薬師岳往復) »

最近のトラックバック