« 福寿草を求めて花の百名山「藤原岳ハイク」 | トップページ | やしろの桃畑から「三草山」を望む »

満開の「ミツマタ」が美しい!「三国岳ハイク」

Dsc02857

好天が続き兵庫県多可町のふるさと兵庫100山「三国岳」に向かった。西脇市を抜け国道427号線を左手に「千ヶ峰」右手に「竜ヶ岳」を眺め、北上する。

昨夏も登ろうとしたが林道工事中で3月末まで通行止めとなっていて断念した。4月となり早速再チャレンジだ。

周辺は手すき和紙「杉原紙」の産地で満開の「ミツマタ」の黄色い花が美しい。

Dsc02869

国道427号線を北上し、「青玉神社」の先の林道を左折する。満開の桜が美しい。

P4040004

【10:09】 林道を1kmほど進み、前回と同じ空き地に駐車する。

Dsc02793

【10:16】 標識に従い「三国岳」に向かってスタートする。

001_microsoftedge_user_default_webn

今日のコースは

三国林道登山口→大王林道分岐→三国峠→三国岳 往復

活動距離 5.9km、高低差 583m

Dsc02846

林道沿いに「ミツマタ」の黄色い花が満開で美しい。

P4040007

【10:18】 少し先に正規の登山口駐車場があった。前回も間違った事を思い出す。

P4040011

【10:20】 古い石標も残る林道を右折する。前回通行止めになっていたところだ。昔は但馬から播磨に抜ける街道であったのか・・・?

P4040014

谷川に沿って林道を進む。

Dsc02805

春の日差しを浴びて心地よいせせらぎだ。

Dsc02807良く整備された植林地の中を進む。

P4040015

【10:31】 八合目?疑問を感じながら林道を進む。

P4040019_2

【10:43】 林道と分かれ標識に従って山道に入る。

P4040025

標識は整備され、踏み跡もしっかりとあるが倒木や間伐材が放置されところどころで進行を妨げられながら沢筋を登る。

P4040035

【11:05】 尾根筋に出て大王林道からのルート合流する。

P4040036

この分岐横には5合目の標識が立つ。ちょうど半分か!?この山は1合目からスタートでは無く、10合目からスタートしている。珍しいパターンだ!!

Dsc02816

可愛いスミレがあちこちで咲く。

Dsc02823_2

【11:15】 全く展望がきかないスギ林を歩いてきたが初めて南側の展望が開けホッとする。

Dsc02826

【11:22】 「三国峠」に着き、主尾根を「三国岳」に向かう。

P4040043

右手にカラ松、左手にヒノキの尾根伝いに歩を進める。

Dsc02830

【11:34】 突然、林道が現れる。良くあるケースだが汗かきかき登ってきて道路が登場すると興ざめだ。

P4040047
 
山頂手前のフラットな場所に「播磨おどり場」や「御手洗い池跡」の標識がある。何のこと?と思ったが昔は麓の「青玉神社」がここにあったようだ。

Dsc02832

【11:42】 駐車場登山口から1時間20分ほどで標高855m「三国岳」に到着する。「三国峠」から「三国岳」に至る稜線は播磨・但馬・丹波の三国境にあり、このような名前がつけられたようだ。今では多可町、朝来市、丹波市の市境となっている。「ふるさと兵庫100山」にも選定されている。

眺めはあまり良くなく南東方向が一部開ける。

Dsc02839

山頂は広場となっていて三等三角点がある。ちょうどお昼になったので弁当を食べる。

P4040055

【12:14】 来た道を下山スタートする。

Dsc02845

林道を少し下ってみると眺めの良い場所に出た。西側の展望が開ける。

P4040059

【12:31】 「三国峠」を経由して来た道を引き返す。

Dsc02855

【13:31】 スタートして3時間弱で駐車場へ戻る。

コースは植林地の中を単調な登りが続き、倒木などで荒れている。展望も良くなく花や史跡など見どころ少なくあまり魅力を感じないコースだった。標識はしっかり整備されているのが唯一の救いか!?

Dsc02887

帰り道、林道入口の「青玉神社」に寄って見た。

Dsc02879

Dsc02872

和紙の里だけに境内は見渡す限り一面「ミツマタ」の黄色い花が見事に満開だ。

Dsc02888

道路を挟んで向かいの「道の駅 杉原紙の里・多可」にも立ち寄ったが水曜日は定休日だった。(残念!)

« 福寿草を求めて花の百名山「藤原岳ハイク」 | トップページ | やしろの桃畑から「三草山」を望む »

日帰りハイキング」カテゴリの記事

ふるさと兵庫100山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 満開の「ミツマタ」が美しい!「三国岳ハイク」:

« 福寿草を求めて花の百名山「藤原岳ハイク」 | トップページ | やしろの桃畑から「三草山」を望む »

最近のトラックバック