« 雨のち曇り!古寺巡礼のち「住塚山ハイク」 | トップページ | 春の小川に沿って新緑の中を「須留ヶ峰ハイク」 »

花は遅かったが新緑を満喫した「御祓山ハイク」

Dsc03236

関西でも今年初の夏日となった今日、「ふるさと兵庫100山」69座目となる「御祓山(みはらいさん)」ハイクに出かけた。舞鶴道から北近畿豊岡道を走り、養父ICで降りて明延川に沿って県道6号を南下する。

P4200002

養父市大屋町糸原に入り、まもなく左手に「みづめ桜」「秘境のツツジ回廊」と書かれた大きな標識が現れ、細い道を左折する。

P4200003

【8:55】 50mほどで広い駐車場に到着。我が家から1時間半ほどかかった。

P4200007

【9:04】 出発準備を整え、登山口をスタートする。

Screenshot_201804202258021_2

今日のコースは

駐車場→東屋→つつじ回廊→みづめ桜→御祓山(北コースを往復)

活動距離 5.9km、高低差 595m、累積標高上り/下り 834m/832m

P4200013_2【9:12】 沢沿いの緩やかな道を進むと南コースとの分岐に出る。事前にネットで調べると南コースは荒れていると書かれており、北ルート、あずまや方向に直進する。

P4200015

【9:14】 まもなく、あずまやに着き、ここからが山道となる。

P4200019【9:16】 登り初めてすぐに「ミツバツツジ群生地」の標識あり。

P4200022

予測されてはいたがミツバツツジはほとんど咲いておらず葉ツツジになっていた。確かにツツジ回廊になっているのだがコースまで枝が低く垂れ下がっている所多く、私のように長身のメタボには辛い!

P4200037P4200038

このコースは所々に倒木が放置されているものの標識は良く整備されているが距離表示がおかしい。ほぼ同じ場所にあった道標だが左は「みづめ桜」まで300m、右は800mとなっている。どうも立派な木の標識の距離表示が全般的に間違っているのではないか?

Dsc03117

標高増すと花が増えてきた。馬酔木もまだまだ健在だ。

Dsc03128

ミツバツツジも残っていた。

Dsc03132

次に登ろうと思っている「須留ヶ峰」「大杉山」が良く見える。ヤマヒルが大量出現する前に登らねば・・・!

Dsc03139

「みづめ桜」まで100m、スギ林の間から見えてきた。

Dsc03142

【10:09】 登山口から1時間ほどで「みづめ桜」に到着した。樹齢600年のエドヒガンザクラの巨木だ。

Dsc03216

ほぼ葉桜状態だが一部花も残っていた。

Dsc03163

コースは「みづめ桜」の周りを時計回りに進み、桜はこのように斜面に生えている。

P4200046

【10:30】 「みづめ桜」を後に山頂を目指すと間もなく南ルートと合流し、Ⅴ字に折り返すように進む。

P4200049

P4200053

急坂や険しい巻き道があるが補助ロープがあり、慎重に進めば問題ない。

Dsc03173

Dsc03179

この辺りまで来るとミツバツツジもまだまだ見ごろで癒される。

Dsc03184

【11:00】 程なく標高773.1mの「御祓山(みはらいさん)」山頂に到着する。登山口から2時間弱の行程だ。「ふるさと兵庫100山」にも選定されている。

Dsc03187

山頂からの展望を期待していたが樹木に覆われ、良く見えない。

Dsc03190

唯一南東側だけ展望が開け、千ヶ峰、笠形山などが見える。

Dsc03186

山頂広場に咲く馬酔木の花は美しい。

P4200059_2

【11:07】 山頂でのんびり昼食と思っていたが、眺め悪く、ベンチなども無く、時間も早い事から早々に下山して、「みづめ桜」のベンチで弁当を食べることにした。

P4200069

【11:33】 眺めの良い「みづめ桜」横のベンチに到着し、弁当を食べる。

Dsc03198

ここからは正面にまだ雪を被る「氷ノ山」を見る事が出来る。さすが兵庫県最高峰だけのことはあるなぁ!

Dsc03137

Dsc03210

周囲を良く見ると可愛い可憐な花が咲いていた。下の花は何だっけ?

Dsc03223

【12:11】 のんびり往路と同じ北コースを下山スタートする。花は少し遅かったがカエデやコナラなど広葉樹の新緑が眩いほど美しい!このコースは紅葉時期も良いだろうなぁ!?

Dsc03227

「須留ヶ峰」「大杉山」を再び望む。

Dsc03109_2

まだ美しいヤマザクラもあった。

Dsc03239

こんな花もきれいだ。

P4200089

【13:18】 下山途中、少し道を間違ったが、無事スタートから4時間15分ほどで出発点の駐車場に到着した。

このコースは「花回廊の森」と呼ばれているようだ。ミツバツツジにみづめ桜ともに満開時には遅かったが、名残りは見る事が出来た。気温は25℃を上回ったようだが湿度が低く、眩いばかりの新緑の中、気持ち良いハイクであった。

« 雨のち曇り!古寺巡礼のち「住塚山ハイク」 | トップページ | 春の小川に沿って新緑の中を「須留ヶ峰ハイク」 »

日帰りハイキング」カテゴリの記事

ふるさと兵庫100山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花は遅かったが新緑を満喫した「御祓山ハイク」:

« 雨のち曇り!古寺巡礼のち「住塚山ハイク」 | トップページ | 春の小川に沿って新緑の中を「須留ヶ峰ハイク」 »

最近のトラックバック