« グルっと一周!「千町ヶ峰」「段ヶ峰」「笠杉山」ハイク | トップページ | 山頂はキンシバイが満開!「東床尾山ハイク」 »

曇りのち晴れ!紀州富士と呼ばれる「龍門山ハイク」

Dsc04224

「相野駅山の会」約一ヶ月ぶりの月例ハイクに出かけた。向かった先は和歌山県紀ノ川の南岸、龍門山脈の主峰で古くから紀州富士と親しまれる名峰「龍門山(りゅうもんざん)」。今回もチャーターバスで朝7時相野駅に集合し、高速道路を乗り継ぎ、登山口に向かう。天気予報は曇りのち晴れだが天気の回復が遅れているのか小雨がパラつく。

P6240002

【10:20】紀の川市のJR粉河駅南側、杉原バス停に到着し、もう少し上の一本杉登山口近くまで行けないかとバスを走らせたが道狭く、集落の中でUターン可能な所で断念し、バスを降りて出発準備を整える。

粉河に来るのは8年ほど前に西国33ヶ所巡り第3番「粉河寺」を参拝した時以来となる。

001_microsoftedge_user_default_webn

今日のコースは

杉原集落→一本松登山口→田代コース→田代峠→龍門山→中央コース→一本松登山口→杉原バス停

活動距離 約8km、高低差 718M、累積標高上り/下り 699m/748m、コースタイム 約4時間

P6240004

新しいメンバーも加わり、まずはいつも通り朝礼からスタートする。

P6240012

【10:34】舗装された坂道を出発する。

P6240021

周辺は桃、梨、柿、ビワ、みかんなど果樹園が連なる。 坂道は徐々にきつくなる。今にも雨が降り出しそうでどんより曇り、「龍門山」も濃いガスの中だ。

P6240033

イノシシ除けか?無糖缶コーヒージョージアが並ぶ山道を登山口に向かう。

P6240040

【11:06】登山コース2コースの分岐となる一本松の登山口に到着。最初の休憩を取って、左側田代コースを進む。

P6240043

雨上がりでコースは滑りやすく、注意をしながら歩を進める。

P6240044

「オカトラノオ」の白い花が可憐で美しい。

P6240051

【11:31】沢の横に祀られる地蔵尊

P6240053

水量が増した沢を慎重に渡る。

P6240055

【11:40】 チリナシ池分岐の手前で二回目の休憩を取る。

P6240060

【12:06】 峠手前にも地蔵尊が祀られている。古来よりの峠道であったことが伺える。

P6240062

【12:07】 「田代峠」に着き、3回目の休憩を取る。

P6240064

峠横で「ホタルブクロ」を見つけた。

P6240065

眺めは良くない尾根道を進むが、ようやく晴れてきたようで木漏れ日が眩しくなってきた。

P6240070

「シライトソウ」が可憐な白い花を咲かせる。

P6240071

【12:30】 大きな蛇紋岩の「磁石岩」を通過する。

P6240075

見事に咲く「ササユリ」を見つけた。

P6240077

【12:37】 標高756m「龍門山(りゅうもんざん)」三角点に到着する。スタートからほぼ2時間、登山口から1時間半、田代峠からちょうど30分だ。

P6240078

山頂の数メートル先に立派な山頂標識が立ち、広場になっていた。ここで休むことにする。

P6240086

まだ残っていないかと淡い期待を抱いていたが・・・?山頂を覆う「キイシモツケ」の花は全く残っていなかった。(残念)「キイシモツケ」は和歌山県特産種で県天然記念物にも指定されているそうだ。

P6240081

山頂周辺には「ギボウシ」が群生し、これから花が楽しめそうだ。

Dsc04182

少し遅くなったが昼食とする。

Dsc04203

人懐っこい(?)ヒョウモンチョウが離れない!

Dsc04208

午前中の曇り空は嘘のように晴れ上がったが山頂からの展望は思ったほど良くない。北側の紀泉の山々が見える。

Dsc04215

今日の参加メンバーは男性13名、女性6名の合計19名、いつも元気な皆さん揃って記念の一枚です。

P6240091

【13:56】 ゆっくり休み、西へ「中央コース」へ下山スタートする。

P6240099

雨上がりの濡れた蛇紋岩の下り坂は滑りやすい!注意深く下山する。

Dsc04218

【14:08】「蛇紋原」に立ち寄ると紀ノ川から紀泉の山々の展望が雄大だ。

Dsc04221

【14:14】続いて大きな蛇紋岩で形成された「明神岩」に到着し、上から眺める。先ほどの「蛇紋原」同様に紀ノ川から紀泉の山々が良く見える。

Dsc04225

Dsc04228

青空の下、明神岩の上で一枚!

Dsc04230

【14:40】 単調な下り坂を一気に下り「中央コース」登山口に到着する。

Dsc04232

眺めの良い舗装路を「一本松」登山口に向かう。

Dsc04233

【14:57】 「一本松」登山口に戻り、ここからは往路と同じ道を引き返す。

Dsc04234

果樹園の中を下る。作業中のオジサンから「ご苦労やな!」と声をかけられる。登山はまさにその通り!大汗かいて誰に頼まれたわけでも一文の得にもならないで歩く。ふと我に返った瞬間だった!!

Dsc04237

梨の実も少しずつ大きくなってきたようだ。

Dsc04242

【15:25】下山時間1時間半、スタートから5時間弱でバスが待つ杉原バス停横に到着。

Dsc04245

バス横から朝は全く見えなかった「龍門山」を望む。東西に「飯盛山」から「龍門山」へ「龍門山脈」が連なる。どう見てもここからは「紀州富士」には見えないが和歌山市から見ると富士山のように美しい円錐形に見えるそうだ。

P6240116

予定より下山時間が遅れたため日帰り温泉は諦め、岸和田SAに立ち寄り、皆さん揃って白桃ソフトをいただく!皆さんとてもご満悦の表情です。お疲れ様でした。

「龍門山」標高は756mしかないが関西百名山にも選定されているだけあって良い山だった。コース、標識は良く整備され、危険な所もほとんど無く、眺めも良い。「磁石岩」「明神岩」など見どころも多く、今回は見れなかったが「キイシモツケ」をはじめとしてたくさんの花々が咲く花の山でもある。初心者向けとしてお薦めしたいコースだ。

« グルっと一周!「千町ヶ峰」「段ヶ峰」「笠杉山」ハイク | トップページ | 山頂はキンシバイが満開!「東床尾山ハイク」 »

日帰りハイキング」カテゴリの記事

相野駅山の会」カテゴリの記事

関西百名山」カテゴリの記事

コメント

「 頂で 人になっこい 夏の喋 」

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 曇りのち晴れ!紀州富士と呼ばれる「龍門山ハイク」:

« グルっと一周!「千町ヶ峰」「段ヶ峰」「笠杉山」ハイク | トップページ | 山頂はキンシバイが満開!「東床尾山ハイク」 »

最近のトラックバック