« 雨上がり、大展望が広がる「一山ハイク」 | トップページ | 曇りのち晴れ!紀州富士と呼ばれる「龍門山ハイク」 »

グルっと一周!「千町ヶ峰」「段ヶ峰」「笠杉山」ハイク

Dsc04069

今日こそ梅雨の中休みだ!一か月後に迫ってきた夏山登山に備えて二日連続ハイクに向かった。 今日のコースは以前より計画していたのだが少しハードに「段ヶ峰」を中心に「千町ヶ峰」「笠杉山」と標高1000mオーバーの「ふるさと兵庫100山」3座他をグルっと一周した。

登山口の宍粟市一宮町千町の「こぶしの村キャンプ場」に向かう。カーナビでは中国道・山崎ICからとなっていたが、少しでも高速代を安くと播但道・神崎南ICから向かったが、狭いカーブの連続で酔いそう!?とてもお薦め出来ない!

P6140011

【9:00】 我が家から1時間半ほどで①「こぶしの村キャンプ場」駐車場に到着し、出発準備を整える。

Dsc04020

傍らのヤマボウシは満開だ。

Dsc04147

【9:10】 標識に従ってスタート!仮設の橋を渡ってキャンプ場に入る。

Darugamine_25000_20150617_1

今日のコースは

①「こぶしの村」キャンプ場→弘法池→②千町ヶ峰→千町ヶ峰登山口→千町峠→③段ヶ峰→④フトウガ峰→⑤杉山→山上庭園→⑥笠杉山→笠杉山登山口(千町小屋)→①「こぶしの村」キャンプ場

活動距離 約18km、高低差 553m、コースタイム 約9時間

Dsc04022

一風変わった雰囲気のキャンプ場内を進む。

Dsc04028

沢沿いに標識やテープ、踏み跡を確認しながら慎重に歩を進める。

P6140026

なかなかハードな登りが続く。このあたり特有の岩塊流か!?260万年前の氷河期に形成された地形のようだ。

Dsc04035

【10:24】 稜線上に出て、標識に従って「弘法の池」に立ち寄る。小さな池だ。

Dsc04044

【10:32】 スタートから82分、稜線上を歩くと間もなく一座目②「千町ヶ峰(」せんちょうがみね)」に到着する。、標高1141.3m今日の山の中では標高は最も高い。「ふるさと兵庫100山」「宍粟50名山」に選定されている。

Dsc04039

山頂からは360度素晴らしい眺めだ。

Dsc04040

進行方向正面には大きな山容の「段ヶ峰」が堂々と横たわる。

Dsc04053

【10:44】 一休み後、二座目「段ヶ峰」に向けて出発する。

P6140038

【10:48】 今は使われていないような無線小屋前を通過する。何のため?

P6140044

【11:06】 「千町ヶ峰」登山口に到着。林道千町段ヶ峰線からの登山口だ。

P6140046

林道のなだらかな登りを進む。

P6140051

「千町峠」に着くと立派な山小屋風の建物が出現!「悠友山荘」と看板があるが、一般に開放されているのか?

P6140052

【11:26】 この山荘裏に「段ヶ峰登山口」はあった。ここから山道に入る。

P6140055

木立の中、「段ヶ峰」山頂に向け歩を進める。

Dsc04054

【11:42】 林を抜けると正面に「段ヶ峰」山頂が見えてきた。

Dsc04058

【11:49】 スタートから2時間半余り、「千町ヶ峰」から1時間ほどで標高1106m③「段ヶ峰(だんがみね)」に到着する。素晴らしい眺め、素晴らしい天候で時間も良いのでおにぎりタイム(昼食)とする。「関西百名山」「ふるさと兵庫100山」「宍粟50名山」に選定されている名峰だ。

Dsc04059

先日登った「東山」からの眺めも素晴らしかったが、ここからの眺めも素晴らしい!「東山」は人工的な色が抜けないが「段ヶ峰」は自然のままでこちらが勝るかも・・・?

先ほど登った「千町ヶ峰」のゆったりとした山頂がすぐそこに見える。

Dsc04063

「達磨ガ峰」から南東方向の山々が見える。

Dsc04082

【12:12】 低い笹が生い茂り、山と言うよりは草原のような稜線を快適にスタートする。

Dsc04078_2

何も疑問を感じず、光景を満喫しながら歩いています。

P6140065

【12:39】 そろそろ「杉山」かと山名を確認すると④「フトウガ峰」とある。えっ!地図を確認し、とんでもないコース間違いに気づく。地形が頭に入っていればこんなミスはしないのだが・・・?

予定には無くやってきた「フトウガ峰」(1082m)だがここからの眺めが最も良く、一帯の総称「生野高原」の中心となり、分水嶺となるようだ。

Dsc04088

「段ヶ峰」を眺めながら急いで引き返す。

P6140067

【13:08】 コースを間違った分岐に戻る。山頂の手前、ここを左に進まねばならなかった!

P6140069

この標識を見逃したのか!?「段ヶ峰」の一般的なコースは確かに「フトウガ峰」の方だなぁ!

Dsc04091

【13:09】 すぐに「段ヶ峰」のニ等三角点があった。国土地理院では標高1103mか?

Dsc04096

本来ルート「杉山」に向けて進む。広葉樹が美しい!

Dsc04100

【13:35】 標高1088m⑤「杉山」山頂に到着。ここからの眺めも良い。しかし「ふるさと兵庫100山」には選定されず、「宍粟50名山」にだけ選定されている。

Dsc04098

「段ヶ峰」は間近に見える。「段ヶ峰」や「千町ヶ峰」は山や岳では無く峰とされた事が良くわかる。

Dsc04105

北側にはこれから向かう「笠杉山」が見えてきた。

P6140080

【13:56】 「竹田城」の標識が?確認していないが、竹田城址が良く見えるのか?

このあたりで鹿に遭遇!!びっくり!!

Dsc04114

【13:58】 「山上庭園」。自然が造った石、松、低木がバランス良く並んでいる。

P6140089

【14:31】 天保14年と刻まれた古い地蔵が残る峠に出る。播磨から但馬に抜ける峠道であったのであろう!?

P6140093

【14:34】 「笠杉山」への上りに差し掛かるが林道でコースは遮断され迂回しながら進む。

Dsc04119

【15:01】 回り道をしてしまい、「段ヶ峰」から3時間近く、スタートからは6時間近くかかって今日最後の山、標高1032.1m⑥「笠杉山(かさすぎやま)」に到着する。「ふるさと兵庫100山」「宍粟50名山」に選定されている。 周囲の木々は大きく生い茂り、周囲の展望はほとんどきかない。

Dsc04124

眺めも良くないので早々に「千町小屋」の標識を目指して下山する。

P6140104

下山路も林道で数か所遮断されている。

Dsc04125

沢沿いに下る。心配されたヤマヒルには遭遇しなかった。

Dsc04132

【15:37】 「笠杉山登山口」に到着する。

Dsc04136

登山口に建つ「千町やけの小屋」。総合作業施設とも呼ばれているようだ。何をする所か?

Dsc04140

林の中、林道をスタート地点の「こぶしの村キャンプ場」を目指す。

Dsc04143

千町の集落を歩く。上千町、下千町と長くなかなかゴールは見えない。長い舗装道は疲れが倍増する。ようやく一座目の「千町ヶ峰」が見えてきた。

Dsc04146

【16:19】 グルっと一周して約7時間で出発点の「こぶしの村キャンプ場」駐車場にゴールする。

眺め良く、歩きごたえのある良いコースだ。「千町ヶ峰」への上りは高低差550mほどあるが他は高原歩きのような感じでいつのまにか登っている感じ、「笠杉山」は再三林道でコース分断され山頂からの眺めも悪くイマイチだった。「段ヶ峰」は「関西百名山」にも選ばれているだけあって中心となる良い山で紅葉シーズンにでもまた来てみたいものだ。

2日間で「ふるさと兵庫100山」5座登り、トータルで79座となり、残り21座となった。

« 雨上がり、大展望が広がる「一山ハイク」 | トップページ | 曇りのち晴れ!紀州富士と呼ばれる「龍門山ハイク」 »

日帰りハイキング」カテゴリの記事

ふるさと兵庫100山」カテゴリの記事

関西百名山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521567/66838944

この記事へのトラックバック一覧です: グルっと一周!「千町ヶ峰」「段ヶ峰」「笠杉山」ハイク:

« 雨上がり、大展望が広がる「一山ハイク」 | トップページ | 曇りのち晴れ!紀州富士と呼ばれる「龍門山ハイク」 »

最近のトラックバック