« ススキの原、萩咲き秋を感じて「岩湧山ハイク」 | トップページ | 雨は何とか持ち、久々の山の会は「後山ハイク」 »

天高く、眺め最高!秋です!「瀞川山ハイク」

Dsc04827

天候不順が続く9月では珍しく秋晴れの一日になるとの事で今月3日目のハイクに出かけた。今日の山は「ふるさと兵庫100山」83座目となる「瀞川山(とろかわやま)」だ。美方郡香美町にあり、氷ノ山後山那岐国定公園内、氷ノ山と蘇武岳の中央に位置する。

P9190018

【9:10】いつも通り舞鶴道から北近畿豊岡道を走り、八鹿氷ノ山ICで降りて、国道9号線を走り、兎和野高原口交差点を左折し約10分、木の殿堂駐車場に車を置かせてもらう。途中渋滞もあり、1時間50分ほどかかって到着した。

P9190020

【9:19】出発準備を整えて木の殿堂に向かいスタートする。

001_microsoftedge_user_default_webn

今日のコースは

木の殿堂駐車場-(展望コース)-十石山-林道出合-(但馬アルペンロード)-瀞川山 往復  *復路は十石山・木の殿堂間は森林浴コースを下山

活動距離 約7km、高低差 約400m、標準コースタイム 3時間50分(YAMAP)

P9190023

【9:20】木の殿堂に向かってすぐ左手に登山口の標識あり、山に入る。

P9190030

落ち葉を踏みしめながら自然林の心地よい登山道を登る。それほど急登は無く、道幅も広く歩きやすい。すでに黄葉した落ち葉もあり、秋の到来を強く感じる。

P9190033

【9:31】程なく分岐に着き、展望コースに進む。

P9190037

北東側の展望が開け「蘇武岳」が良く見える。

P9190038

良く整備された歩きやすいコースだ。

P9190044

P9190046

雨多く、季節柄からも色とりどりのキノコが目立つ。

P9190050

【9:55】標高870m「十石山」山頂に着く。周囲は樹木に囲まれ、展望はない。

P9190058

支陵を進むと道の両側にイワカガミの特徴ある葉が目立ってきた。ここでも春先は可愛く可憐に咲くのであろう。

P9190062

広葉樹中心の自然林から針葉樹の林になってくれば主稜線は近い。

P9190065

【10:17】スタートからほぼ1時間で主稜線を走る林道に出た。林道出合に着き、一休みとする。

P9190067

この林道は「但馬アルペンロード」と呼ばれるようだ。立派な名前が付けられたものだ。

P9190074

アップダウンも少なく、単調な直線道路だが地道でススキロードとなっており、退屈することなく快調に進む。

P9190076

【10:41】15分ほど歩き、「瀞川山」山頂への登山道に入る。

P9190082

木漏れ日が心地よい坂道を登る。

Dsc04828

【10:47】スタートから1時間半弱で標高1039.2m「瀞川山(とろかわやま)」に到着する。「ふるさと兵庫100山」にも選定されている。瀞とは瀞峡のように川の流れが緩やかで波の立たないところのことだが近くにそのような川は見当たらないのだが・・・?

Dsc04824

好天に恵まれ山頂から南半分は素晴らしい展望が広がる。南西側にはハチ北高原スキー場から鉢伏山が良く見え、その左後ろに兵庫県最高峰「氷ノ山」が見える。

Dsc04817

東側に見える山は先日登ったばかりの「妙見山」だ。

Dsc04807

南側には幾重にも連なる兵庫の名山が見える。 右手遠くに一段と高い山は兵庫県第二位の高峰「三室山」。

P9190086

山頂はあまり広くはないが広場になり、二等三角点がある。暖かく気持ち良いので少し早いがのんびりと昼食タイムとする。

P9190101

【11:22】40分ほど休み来た道を下山スタートする。

P9190104

快調に林道=但馬アルペンロードを進む。

P9190110

【11:39】林道を終え、再び山道に入る。

P9190117【11:54】十石山頂を過ぎ、下山路は急坂の森林浴コースを選択し、進む。

P9190122

さほど急とは思わないが荒れている。今までのルートはコース整備、標識整備と行き届いていたがこのルートだけはお勧めできない。再整備するか、閉鎖するかだと感じる。

P9190123

しかしながら「蘇武岳」は良く見える。

P9190137

【12:16】スタートして3時間弱、正味2時間20分ほどでスタート地点の「木の殿堂」に到着する。

Dsc04838

想定外に早く下山できたので「木の殿堂」を見学することにした。安藤忠雄の珍しい木造建築の設計と言う事で外人の見学者も見受けられた。

Dsc04842森や木を感じ、知り、体感できる博物館と言うキャッチフレーズ通り、木や林に関する展示が多い。

Dsc04853

本館奥に建つ展望棟に向かう。

Dsc04848

展望棟屋上からは蘇武岳~金山峠~妙見山の峰々が一望でき、山名ガイドも設置されている。南側の山々は周囲の樹木が成長し、良く見えない。

P9190169

その後、近くの「但馬高原植物園」を見学予定であったが、「木の殿堂」の所長から声がかかり、自然観察会に飛び入り参加する事になった。月に一度、専門家の先生を迎えて開催されているとの事だ。

P9190151

周辺の瀞川平を散策し、キノコなど植物を調査、研修。このキノコはソーメン茸と言うそうだ。

P9190147

山法師の赤い実は食べられるそうだ。

P9190162

カエルやクモなどあまり好きでないよね!熊が栗の実を食べたイガの残骸や爪痕、熊棚なども教えてもらい興味深い。

Dsc04857

「兎和野の大カツラ」。樹齢500年、森の守り神と言われ、根元から伏流水が勢いよく出ており目を奪われた。

P9190201

傍らに咲くピンクの花が目を引く。「ツリフネソウ」と言うそうだ。

約2時間半ほど広大な高原内を散策した。偶然の体験だがなかなか面白い!つながりも出来、チャンスがあればまた参加したいものだ。

36126796

「木の殿堂」から車で5分足らず、当初見学予定だった「但馬高原植物園」に行ってみたがすでに4時近く、閉演時間は5時と時間無く今日は諦めることにした。

天候に恵まれ、充実した一日だった。当初は「ふるさと兵庫100山」達成のための消化ゲームくらいにしか考えていなかった「瀞川山(とろかわやま)」だが見どころ多く面白かった。ハイキングコースとしては少し短いが瀞川平散策や「木の殿堂」「但馬高原植物園」見学とセットにして回れば初級コース、ファミリー向けとして◎ではなかろうか?冬には2mもの積雪があるそうだがモミジやブナなど広葉樹が多いことからこれから紅葉時期には特にお勧めしたい。

« ススキの原、萩咲き秋を感じて「岩湧山ハイク」 | トップページ | 雨は何とか持ち、久々の山の会は「後山ハイク」 »

日帰りハイキング」カテゴリの記事

ふるさと兵庫100山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天高く、眺め最高!秋です!「瀞川山ハイク」:

« ススキの原、萩咲き秋を感じて「岩湧山ハイク」 | トップページ | 雨は何とか持ち、久々の山の会は「後山ハイク」 »

最近のトラックバック