« 日本海を望む県境の山「高竜寺ヶ岳ハイク」 | トップページ | 秋本番!見どころいっぱいの「扇ノ山ハイク」 »

素晴らしい展望!播州最高峰「三室山ハイク」

Dsc05101

秋晴れに恵まれた日曜日、「相野駅山の会」の10月月例ハイクに出かけた。今回の山は「三室山(みむろやま)」です。鳥取県若桜町と兵庫県宍粟市千種町の県境に位置する。兵庫県では「氷ノ山」に次ぐ標高第二位の高峰で、播州最高峰の山だ。

「三室山」の名前の由来は昔、山中に祀っていた「御室」からきたとされるそうだ。

Pa280218

【10:15】最近恒例となったチャーター小型バスで宍粟市三室高原の「市民の森」の広々とした駐車場まで入る。かつては県の青少年野外活動センターがあった場所だ。

北近畿豊岡道和田山ICから播但道に入り朝来ICで降り、国道429号線を走るが 途中、台風被害か?通行止区間があり、迂回したため30分ほど予定より遅れて到着。

Pa280075

広々とした駐車場で出発準備を整える。

Pa280077

【10:27】予定よりほぼ30分遅れで出発し、林道を進む。

Screenshot_20181030094857_1

今日のコースは

三室高原駐車場→登山口→三室山 往復

活動距離 6.1km、高低差 712m、コースタイム 3時間半

Pa280085

【10:56】登山口に着き、山道に入る。

Pa280091

植林帯の中、良く整備された道を進む。

Pa280095

途中で植林コースと谷川コースの分岐あり谷川コースを選択する。千種川支流河内川源流だ。

Pa280099

Pa280106

渡渉を繰り返し進むが流木があり慎重に歩を進める。

Pa280112

【11:15】植林コース(尾根コース)と合流し、九十九折に斜面を登る。

Pa280124

【11:48】支稜に着くと展望が開けてきた。

Pa280128

自然林となり、紅葉が美しい。

Pa280132

心地良いブナ林が目立つ中、快適に支稜を登る。

Pa280137

【12:08】大きな岩が自然に配置された「大岩庭園」横を進む。

Pa280154

急登になり、クサリ場を慎重に登る。

Pa280162

背丈よりも高いクマザサの原を掻き分け進むと山頂は近い。

Pa280166

【12:31】駐車場を出発してほぼ2時間、コースタイム通りで標高1358m、兵庫県第二位の高峰「三室山」山頂に到着する。二等三角点がある。

Dsc05086

山頂からは360度の素晴らしい展望が広がる。北東側には遠く「氷ノ山」を望むことができる。

Dsc05099

南東側には幾重にも山々が連なる。

Dsc05096

西側遠くに見えるのは日本二百名山「那岐山」?

Dsc05088

山頂は広場になっていて暖かい日差しを浴びてノンビリ昼食を取る。

Dsc05078

今日の参加は15名、女性は皆さんいろいろと予定が重なり僅か3名の参加は寂しかったですね。皆さん揃って記念の一枚。

Pa280173

【13:13】40分ほど休み、来た道を下山スタートする。

Pa280178

下山していくと正面に麓の集落や南西側には空山や後山などが間近に見える。

Pa280185

紅葉を満喫しながら歩を進める。

Pa280192

落ち葉の絨毯を踏みしめ足取りも軽い。

Pa280201

【14:19】谷川コースと植林コース(尾根コース)の分岐で休憩し、後続を待つ。

Pa280204

復路は尾根コースを選択。あっという間に下山!往路は谷川コース、復路は尾根コースが正解だな!?

Pa280213

ススキを横目に林道を進む。

Dsc05103

【14:44】約1時間半、コースタイム通りに駐車場出発点の駐車場に到着。

Dsc05107

三室高原市民の森から「三室山」を振り返る。

Pa280219

帰路途中の「エーガイヤちくさ温泉」で汗を流し、中国道山崎ICから帰る。初めての「エーガイヤちくさ温泉」でしたが65歳以上は200円也!高齢者に優しいお薦め温泉です!

上り2時間、下り1時間半、山頂での昼食タイムを入れて4時間15分ほど、天候にも恵まれ、心地よく秋を満喫したハイクだった。私の「ふるさと兵庫100山」も86座目、残り14座となった。

« 日本海を望む県境の山「高竜寺ヶ岳ハイク」 | トップページ | 秋本番!見どころいっぱいの「扇ノ山ハイク」 »

日帰りハイキング」カテゴリの記事

相野駅山の会」カテゴリの記事

ふるさと兵庫100山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 素晴らしい展望!播州最高峰「三室山ハイク」:

« 日本海を望む県境の山「高竜寺ヶ岳ハイク」 | トップページ | 秋本番!見どころいっぱいの「扇ノ山ハイク」 »

最近のトラックバック