« 素晴らしい展望!播州最高峰「三室山ハイク」 | トップページ | 空気澄み、紅葉進む11月の「三草山ハイク」 »

秋本番!見どころいっぱいの「扇ノ山ハイク」

Dsc05131

いつもの山仲間に「ふるさと兵庫100山」の中では我が家からは最も時間がかかると思われる鳥取県との県境の山、「扇ノ山(おおぎのせん)」にお付き合いをお願いした。「ふるさと兵庫100山」だけではなく「日本三百名山」「関西百名山」にも選定される名峰だ。

朝7時相野駅を出発!小雨がパラつきだし心配したが、時間の経過とともに晴れ間が広がり、天候の心配は無さそうだ。

Pa290097

【10:15】舞鶴道、北近畿豊岡道と走り、八鹿氷ノ山ICから国道9号線をひたすら北上し、新温泉町から県道262号、海上林道と走って上山高原に着くと一面のススキの草原に感動する。車を停めて撮影タイムだ。

Dsc05111

【10:30】林道をもう少し登り、鳥取県との県境の峠手前の「小ズッコ登山口」路肩に車を停める。途中ノンビリと車を走らせたが3時間半もかかった。さすがに遠い!!

Dsc05112

【10:41】出発準備を整えスタートだ。

Pa290160 今日のコースは

小ズッコ登山口→小ズッコ山→大ズッコ山→扇ノ山 往復

活動距離 6.1km、高低差 232m、コースタイム 約3時間

Dsc05115

スタート早々、丸太の階段を登る。

Dsc05118

素晴らしい紅葉の中、落ち葉の絨毯を踏みしめ進む。

Dsc05119

【10:47】程なく「小ズッコ避難小屋」に着き、トイレタイムとする。

Dsc05123

Dsc05130

Dsc05147

赤や黄色と見事な紅葉が広がる。

Dsc05141

見事な紅葉に感動し、足取り軽く「小ズッコ山」への緩やかな登りに差し掛かる。

Pa290109

【11:18】「小ズッコ山」を越え、山頂まで1.9kmポイントを通過する。多くのコースがあり、標識も整備され、迷う心配は無さそうだ。

Dsc05150

西日本有数の良好なブナ林が広がる。

Dsc05160

「大ズッコ山」への登りに差し掛かる。

Pa290118

【11:41】アップダウンを繰り返し、「大ズッコ山」を越え、残り0.7kmポイントを通過する。「扇ノ山」山頂が見えてきた。

Dsc05165_2

山頂への最後の登りだが標高を増すとブナの紅葉はピークを過ぎていた。

Dsc05174

【11:55】北西側の眺めが良い展望台に到着する。

Dsc05170

鳥取の町から遠く日本海を見渡すことができる。

Dsc05177

山頂の避難小屋が見えてきた。

Dsc05180

【12:00】スタートから1時間20分、標高1310mの「扇ノ山」山頂に到着。県境の山だが山頂は鳥取県だ。

Dsc05186

広々とした山頂で早速昼食タイムとする。

山頂に建つ立派な避難小屋にビックリだ!

Dsc05197

避難小屋二階からは南側に「氷ノ山」が良く見える。

Dsc05200

その他の方向は木々が邪魔になり、展望は良くない。

Ap1730195

避難小屋前で山好きメンバー6人揃って記念の一枚。

Pa290123

【12:54】小一時間休み来た道を下山スタートする。

Pa290135

上りは逆光だったが下りは順光でブナが一層美しい!!快調に来た道を引き返す。

Pa290150

【13:48】1時間足らずで登山口に到着。

Dsc05206

メンバーも紅葉に大満足で元気に下山。

Dsc05202

日が射して来ると登山口の紅葉はますます映えてくる。

Dsc05226

次の目的地「シワガラの滝」に向かう途中、「上山高原」でトイレ休憩。何度見ても素晴らしいススキの草原だ。

Dsc05229

【14:43】上山林道途中の「シワガラの滝」駐車場に車を停め、滝散策にスタートだ。

Pa290168

【14:49】滝までの距離は1.2kmとあったが急坂を登り、残り800mポイントを通過する。

Pa290172

ほぼフラットだった「扇ノ山」と異なり、滝への道は大変だ。緊張が漂う!

Pa290175

急坂を下ると川のせせらぎが聞こえてきた。

Pa290181

登山靴で行けそうな事を聞いていたが、想定外に水量多く慎重に渡渉する。

Pa290190

Dsc05242

「シワガラの滝」目指し、奥へ奥へと進む。

Dsc05238

【15:20】洞窟の中に「シワガラの滝」を発見!苔むし上から日が射し神秘的な滝だ。

Dsc05239

滝を正面から見るにはもっと奥へ進まないとダメだが水量多く登山靴ではこれ以上は進めない!また時計も3時半近くとなり日が陰ってきた。残念だ!

この小又川渓谷沿いにいくつかの滝がある。川に入れる夏場にでも滝探検だけで再挑戦してみたいものです。

Pa290200

帰りも大変だ。慎重に来た道を引き返す。

Pa290202

【15:54】1時間もあれば十分だと思っていたが1時間10分かかり駐車場に戻る。

軽く考えていた滝探訪だが大変だった。「扇ノ山ハイク」よりも「シワガラの滝探訪」の方が強烈!ネットで多く紹介され人気が高まり第二駐車場の増設が進んでいたがコース整備も並行して進めないと事故が起きそうで心配だ。

秋本番!紅葉を満喫し、スリル満点の滝探訪と見どころ一杯の充実した一日だったが時間は4時を回り、最後の楽しみだった湯村温泉は断念し帰路についた。

二日連続のハイクとなったが「ふるさと兵庫100山」もこれで87座登頂だ。年内目標90座達成まで残り3座となったガンバロー!お付き合いいただいた皆さん!ありがとう!

« 素晴らしい展望!播州最高峰「三室山ハイク」 | トップページ | 空気澄み、紅葉進む11月の「三草山ハイク」 »

日帰りハイキング」カテゴリの記事

ふるさと兵庫100山」カテゴリの記事

関西百名山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋本番!見どころいっぱいの「扇ノ山ハイク」:

« 素晴らしい展望!播州最高峰「三室山ハイク」 | トップページ | 空気澄み、紅葉進む11月の「三草山ハイク」 »

最近のトラックバック