« イワカガミが咲く頃がお薦め!?「法沢山ハイク」 | トップページ | 好天に恵まれ7年連続毎月登山達成!「三草山ハイク」 »

日本一の山城!紅葉の「高取山ハイク」

Dsc05792

いつもの山仲間5人で奈良県高市郡高取町にある日本三大山城の一つ「高取城址」の「高取山ハイク」に出かけた。

間に合うか心配した紅葉はまだ大丈夫だったが青空はあまり出ず、曇天に終始したのは残念だった。しかし見どころ多く満足できるハイクであった。

Dsc05633

【9:37】近鉄阿部野橋から吉野行急行に乗り、「壺阪山駅」に下車。我が家を出発してから2時間半あまり、やはり遠い!

Dsc05638

【9:48】出発準備を整えてさあ!出発だ。

2457

今日のコースは

壺阪山駅→土佐街道→大手筋→高取城址(高取山)→壺阪口→五百羅漢→壷阪寺→壺阪山駅

活動距離 11.3km(私は余分に歩き13km)、高低差 462m、コースタイム 4時間(真っすぐ歩けば)

Dsc05644

中世の面影を残す古い街並み「土佐街道」、くすりの町「高取町」に相応しい漢方薬店前を進む。

Dsc05647

呉服屋を改装した観光案内所「夢創館」で各種パンフレットをいただく。(月曜日は定休日)

Dsc05656

高取藩城下町の面影を残す元武家屋敷、筆頭家老「植村家長屋門」前を進む。

Dsc05661

【10:23】往時を偲びながらのんびり歩いていると土佐街道を抜け、正面に「高取山」が見えてきた。

Dsc05659

傍らには奈良産業大学が再現した「高取城」のCGが掲げられていた。あのあたりに本丸があったのか?と山を眺める。

Dsc05669

「高取城址」に向け道が細くなってきた。

Dsc05678

【10:46】元藩主「植村家」の菩提寺だった「宗泉寺」への分岐を進む。

Dsc05680

【10:47】幟が並び、山道に入る。

Dsc05686

立派な石碑が立つ。

Dsc05687

【10:50】曲がりくねった坂道が続く「七曲り」に入る。

Dsc05701

【11:02】あまりの急登が続くため石垣を運んだ人夫に一升加増したことから名づけられたという「一升坂」の長い登りが続く。

Dsc05705

【11:10】「岩屋不動」分岐に着き、立ち寄る事に。

Dsc05709

【11:13】「岩屋不動」に着くと石仏が三体並んでいた。

Dsc05719

【11:20】 大手筋に戻り、歩を進めると奇怪な像が現れた。「猿石」と呼ばれ、制作は7世紀と伝わる。「大手筋」と明日香村へ通じる「岡口門」の分岐にあり、郭内と城内の境目を示す結界石とした説もある。

Dsc05728

【11:22】「二ノ門跡」を過ぎ、いよいよ城内に入る。

Dsc05732

石垣が残るが所々崩壊し、注意喚起の標識が立つ。

Dsc05747

【11:32】「松ノ門跡」を進む。

Dsc05751

【11:34】「宇陀門跡」を過ぎ、紅葉が目立ち始める。

Dsc05760

【11:37】3つのルートが合流し、いよいよ「大手門跡」に到着する。

Dsc05762

大手門から中心部に入って行くとスケールの大きさに驚く。

Dsc05765

Dsc05778

苔むした石垣と黄葉そして曇り空が往時を偲ばす雰囲気を醸し出す。

Dsc05784

Dsc05788

【11:43】二の丸に入る。紅葉、黄葉がミックスし美しい!ここにはもっと日射しが欲しかった!

Dsc05880

高取城は南北朝時代に豪族越智氏が砦のような城を築いたのが始まりでその後1585年に豊臣秀長の重臣本多利久が城主となり、本格的な築城が進められ、江戸時代になり、植村氏が14代228年、高取藩主となり治めたそうだ。

日本三大山城の一つで日本100名城にも認定されている。

Dsc05802

【11:48】2時間かかってようやく本丸に到着する。

Dsc05810

本丸内に入ると 周囲の展望が開けた。南方向には吉野の山々から大台、大峰の山々がうっすらと見える。

Dsc05817

標高583.9m「高取山」の山頂表示を見つけた!

Dsc05833

続いて本丸内の最上部で三等三角点を発見!

Dsc05837

Dsc05841

Dsc05851

本丸から城内に広がる見事な紅葉を見渡す。

Dsc05857

【12:26】あちこち寄り道をしてきたと言うメンバーたちがようやく本丸到着。

Dsc07642f_0

本丸石垣上の私!(Oさん撮影)

Dsc05861

【12:35】全員揃って昼食とする。

Dsc05866

【13:05】メンバーが寄り道して良かったと聞いた「国見櫓」に行ってみる事に!

Dsc05873

【13:09】 城内の北西に位置する「国見櫓」からは奈良盆地から遠く大阪平野が展望でき、眼下には大和三山や二上山が美しい。

1287

大手門に戻り、5人揃って記念の一枚。

Dsc05884

【13:31】大手門から左折し壺阪口から壷阪寺へ下山スタートする。

Dsc05896

快適な山道を歩く。

Dsc05900

「五百羅漢遊歩道」に入ると岩肌に多くの仏様が彫られていて驚く。

Dsc05910

Dsc05920

いつの時代のものなのか?無数の石仏が次々と現れる。

Dsc05926

歴史を感じながら「五百羅漢道」を下る。

Dsc05933_2

【14:19】「五百羅漢道」入口に着き、一般道に合流する。

Dsc05935_2

【14:21】坂を下って行くと「壷阪寺」が見えてきた。

Dsc05948_2

美しい紅葉に包まれる「壷阪寺」を眺めながら歩を進める。

Dsc05962_2

眼下に大和平野が広がる。

Dsc05966

「壷阪寺」は西国三十三所観音霊場の第六番札所で正式には「南法華寺」と言う。西国三十三所を巡っていた2010年以来だ。時間も無いので参拝は諦め下山急ぐ。

Dsc05979

「壷阪寺」の旧参道がハイキング道となっている。

Dsc05983

【15:10】町内に入り、「壺阪観音霊験記」で知られる「お里沢市墓所」前を進む。

Dsc05987

【15:14】古い石碑が残る「土佐街道」に戻る。

Dsc05989

【15:25】ゴールも見えたので町家カフェ「noco noco」でゆっくり喉を潤す。

Dsc05993

【16:31】近鉄「壺阪山駅」にゴール!

初めての「高取山」だが予想以上の素晴らしい所で日本三大山城の一つであることも頷ける。竹田城址や小谷城址などいくつかの山城を訪ねたが間違いなく№1だ。あれだけの石垣を担ぎ上げた人夫に一升加増したのも当然であろう!ホント昔の人は偉かっただ。

他にも五百羅漢、壷阪寺、土佐街道など見どころも多く、紅葉も期待以上だった。2時間ほど山を歩いて登らないとたどり着けない所も良い!唯一残念だったことは日射しが少なかった事かな!?

« イワカガミが咲く頃がお薦め!?「法沢山ハイク」 | トップページ | 好天に恵まれ7年連続毎月登山達成!「三草山ハイク」 »

日本100名城」カテゴリの記事

日帰りハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本一の山城!紅葉の「高取山ハイク」:

« イワカガミが咲く頃がお薦め!?「法沢山ハイク」 | トップページ | 好天に恵まれ7年連続毎月登山達成!「三草山ハイク」 »

最近のトラックバック