« 好天に恵まれ7年連続毎月登山達成!「三草山ハイク」 | トップページ | 山上池を巡ってたつの市「大倉山ハイク」 »

歴史探訪ハイクに美味しい蕎麦、ヌルヌル温泉!「有子山」

Pc090184

ようやく冬らしい天気となった日曜日、「相野駅山の会」今年最後の月例ハイク「有子山ハイク」に向かった。

いつものチャーターバスで7時15分に相野駅前を出発し、丹波市氷上、市島を回って9号線から426号線を走って向かった先は但馬の小京都、城下町「出石」。兵庫県豊岡市出石町だ。

Pc090095

【9:55】心配された天候だが、途中積雪も見られ「出石」の町に入ると雨になった。小雨降る鉄砲町駐車場に到着する。時間が早いせいか天候のせいか車は少ない。

Pc090089

雨をよけて出発準備を整える。

Pc090091

雨に煙る「有子山城址」の「有子山」山頂を眺めるとうっすら雪化粧しているようだ。

Pc090101

【10:08】風情が残る商店街を抜け登山口に向かう。

Pc090104

「出石城大手門前跡」前を進む。
「出石」には二つの古城跡がある。麓には近世期の名城「出石城」、「有子山」山頂には戦国期の名城「有子山城」。我々は「有子山」山頂を目指す。先日の「高取城址」に続く古城めぐりとなった。

Pc090113

登山口に向かい「出石城址」内の最上段「有子山稲荷社」への参道、お城坂を登る。途中、伏見稲荷を思わす朱塗りの鳥居が続く。

Pc090115

【10:19】お城坂の先に登山口はあった。

Pc090119

「有子山城址」に向かい、約1kmの山道をスタートする。

Pc090123

傍らには「熊出没注意」の大きな掲示が!

Pc090126

スタート早々、急な尾根道を登る。

Pc090131

もっと楽な坂道を予想していたが、トラロープが張られ急坂を進む。まさかこの道が当時の登城路では無いよな!?

Pc090141

いつ頃の物か?丁石地蔵が導いてくれる。

Pc090157

傘をさし、ストック持って急登を進む。大変だ!

Pc090150

【10:43】残り500mポイントに到着し、一休みとする。随所に残り距離の表示があり、進捗が良くわかる。

Pc090159

【10:56】残り500m中間地点と思い、休んだが中間地点は少し上にあった。

Pc090163

水平方向に進むと北側の展望が開けてきた。

Pc090169

尾根道から離れ、山頂に向け比較的平坦な道を進む。

Pc090173

【11:04】木々が途切れ、城址の石垣が見えてきた。昨夜は雪だったのか?うっすら雪化粧している。

Pc090180

Pc090182

Pc090187

「有子山」山頂、「本丸跡」を目指し歩を進める。小雨混じりの曇天とうっすら雪化粧が「兵どもが夢の跡」を思い起こさせてくれる。

Pc090188

【11:11】登山口から52分、山頂広場の端にポツンと立つ東屋に到着する。

Pc090192

傍らには標高321m「有子山」山頂の三角点があった。

Pc090195

メンバーも全員元気に到着する。

Pc090201

「有子山城」は戦国時代の1574年に但馬守護の山名祐豊が築き、その後羽柴秀長により現在の石垣の城へ改修されたそうだ。江戸時代に入り一国一城令により1615年に廃城になっている。

Dsc06101

山頂からは素晴らしい展望が広がる。

Dsc06096

北側のガスが晴れ、出石の町から豊岡市街地が良く見える。

Dsc06084

西側の山々も見えてきた。蘇武岳や但馬妙見山か?

Dsc06092

皆さん揃って記念の一枚。男性13名、女性4名の合計17名。今年も元気に良く頑張りました。

Pc090211

【11:28】「千畳敷」を経由して下山スタートする。 本丸と千畳敷を隔てる大堀切へ下る。

Pc090218

但馬地域の城郭では最大の曲輪「千畳敷」には多くの屋敷が建っていたようだ。

Pc090217

大堀切越しに本丸跡を見る。

Pc090220

激しく雪が降ってきた。

Pc090226

本コースに戻り、下山進める。

Pc090235

急坂を足を滑らせないように慎重に下る。

Pc090241

【11:59】スピーディに下り、登山口の「有子山稲荷社」に参拝。

Pc090245

「出石城」「有子山城」が昨年「続日本100名城」に選定されたことを祝う幟が立つ。「続日本100名城」なんて初めて聞いた。

Pc090253

「出石」城下町の商店街を抜け、駐車場に戻る。

Pc090256

【12:22】スタートから2時間14分、ほぼ予定通り鉄砲町駐車場に戻る。いつの間にか駐車場は満車状態で人気の高さが良くわかる。

Dsc06108

ザックを置き、濡れたウェアを脱いで、今日のメインイベント(?)は出石そば!「そば処 天通」に到着。

Dsc06115

「お疲れさん!」「今年一年元気に頑張りました!」とまずは乾杯でスタート。

Dsc06118

Dsc06119

全員美味しい皿そば10皿ずついただき皆さん大満足の表情ですね!!

Dsc06124

Dsc06126

「そば処 天通」から駐車場へ戻る途中、近世期の名城「出石城址」を外から眺める。1604年に小出吉英により築城された平山城でその後「出石藩」に信州上田より国替えした仙谷氏がそば職人を連れてきたことが「出石そば」の始まりだ。

現在は登城橋、登城門、隅櫓が復元されている。

Pc090261

帰路、豊岡市但東町の「シルク温泉 やまびこ」に立ち寄った。

とろりとしたお湯でシルクのようななめらかな艶肌へ!美人の湯として人気の日帰り温泉で宿泊施設も併設されている。

天候が心配された「有子山ハイク」だったが、思ったほどの冷え込みも無く、小雨でうっすら雪化粧もかえって良かったかも・・・?コースもなかなか歩きごたえあり、展望も素晴らしかった。ハイクに出石皿そばに美人の湯と充実の一日でした。

Screenshot_20181209223156_1

今日のコースは

鉄炮町駐車場-大手前通-有子山稲荷社-有子山山頂(有子山城址) 往復

活動距離 約3.5km、高低差 317m

« 好天に恵まれ7年連続毎月登山達成!「三草山ハイク」 | トップページ | 山上池を巡ってたつの市「大倉山ハイク」 »

日帰りハイキング」カテゴリの記事

相野駅山の会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歴史探訪ハイクに美味しい蕎麦、ヌルヌル温泉!「有子山」:

« 好天に恵まれ7年連続毎月登山達成!「三草山ハイク」 | トップページ | 山上池を巡ってたつの市「大倉山ハイク」 »

最近のトラックバック