« 霧氷!えびの尻尾!と大満足の「綿向山ハイク」 | トップページ | 国宝 朝光寺から往復!3月の「三草山ハイク」 »

アップダウンが続くタフな山「七種槍」から「七種山」へ

Dsc06463

春到来を思わせるような良く晴れた日曜日、いつもの山仲間で神崎郡福崎町の「七種山(なぐさやま)」に登った。

「播磨国風土記」にも「奈具佐山」として登場し、古くから開けた山であったようだ。

2年前に「七種山」から林道を降りたが「七種槍」は初めてで初の縦走登山となる。

P2240041

【8:55】8時10分頃神戸三田ICに入り、中国道を西へ。福崎ICで降りて県道を約20分足らずで福崎町青少年野外活動センターの登山者用駐車場に到着する。好天の日曜日、多くの車が停まっていた。

S__13082633

今日のコースは

福崎町青少年野外活動センター→奥山→七種槍→七種山→七種神社→福崎町青少年野外活動センター と反時計回りで一周しました。

活動距離 8.7km、高低差 532m、累積標高 941m、コースタイム 5時間半

S__13082634

ご覧の様にアップダウンの多いコースです。

P2240044

【9:43】他のメンバーの到着を待ち、出発準備を整えて「七種槍」目指してスタートする。

P2240050

スタート早々厳しい登りが続く。

P2240074

【10:09】奥山(393.4峰)に到着するとこれから向かう「七種槍」そして左手奥には「七種山」が見えてきた。

P2240087

標高は低いが変化に富んだ縦走コースが続く。

Ap1810798

迫力満点の岩場が続く。(私は先頭歩いていたのでTさん撮影写真を借用)

P2240099

一歩一歩確実に歩を進める。

P2240107

標高を増すと南東側の展望が開けてきた。

P2240118

アップダウンを繰り返し進むとようやく「七種槍」の山頂が見えてきた。

P2240124

岩場の向こうに「七種山」が見える。

P2240137

【11;51】スタートからほぼ2時間で標高577.3m「七種槍」山頂に到着。

P2240136

山頂からの展望はあまり良くないが木の間から北東方向が見える。方角的には千ヶ峰や笠形山だが全く積雪は無さそうだ!?

P2240131

あまり広くは無い山頂だが占領して昼食タイムとする。

Ap1810874

七勇士揃って記念の一枚。

P2240140

【12:40】50分ほど休み「七種山」に向けて下山スタート。

P2240145

今日初めてのフラットな縦走路を進む。

P2240149

【13:17】小滝林道への分岐を通過する。「七種山」「七種槍」片方だけを登る時はここを下山すれば登山口に戻る事が出来る。

P2240155

又もや厳しい「七種山」への登りに差し掛かる。

P2240158

【13:47】標高552m市川町への下山路分岐を通過する。

Dsc06451

【14:18】町界尾根を進み「薬師峯」への分岐を通過する。「七種山」「七種槍」「薬師峯」三山合わせて「七種三山」と呼ばれている。今度は三座縦走にチャレンジしようかな!?そのためにはもっと早くスタートが必要だ。

Dsc06456

【14:31】「七種槍」から1時間50分で標高683m「七種山(なぐさやま)」山頂に到着。「関西百名山」「ふるさと兵庫100山にも選定される人気の山だ。

Dsc06458

山頂直下の岩壁を下り「つなぎ岩」を見る。弘法大師がこの岩の上で護摩の秘法を修練したと伝わる奇岩だ。

Dsc06466

山頂からの眺めは良くないが「つなぎ岩」先端から素晴らしい眺めだ。歩いてきた「七種槍」からの縦走路を見下ろす。

Dsc06467

ロープを使って岩壁を登り、山頂に戻る。

Ap1810901

再び「七種山」山頂で皆さん揃って記念の一枚。

Dsc06471

【14:48】下山スタートする。

Dsc06472

最後の激下りが続く。

Dsc06478

【15:26】40分弱で「七種神社」に到着する。

Dsc06479

神社横の「七種の滝(雄滝)」。県下八景にも選ばれる名勝で落差72m、幅3mあるそうだが前回同様に水量少なく迫力無し!残念だ!

Dsc06485

ここまで来ればゴールは見えた!境内でのんびり一休みとする。

Dsc06491

紅葉期が最高か?「八龍滝」を通過する。

Dsc06494

続いて「虹ヶ滝」「太鼓橋」と進む。良い雰囲気だ!

Dsc06499

【15:44】林道に出る。

Dsc06502

「七種山自然公園」と書かれた歴史を感じさせる石碑前を通過。

Dsc06504

【15:54】「作門寺」山門を通過する。

Dsc06514

林道を進む。ゴールは近い!

Dsc06522

【16;23】日が傾きかけたスタート地点の駐車場に到着する。「七種山」から1時間40分、スタートから6時間40分かかった。

予測してはいたが下山時間が遅くなり、帰りの日帰り温泉は諦めて帰路につく。

久しぶりに歩きごたえのあるコースだった。コース整備も行き届き、アップダウンの連続で変化に富み、岩場も面白い。展望はもう一つだが滝や史跡もあり、お薦めしたいコースだ。

« 霧氷!えびの尻尾!と大満足の「綿向山ハイク」 | トップページ | 国宝 朝光寺から往復!3月の「三草山ハイク」 »

日帰りハイキング」カテゴリの記事

ふるさと兵庫100山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アップダウンが続くタフな山「七種槍」から「七種山」へ:

« 霧氷!えびの尻尾!と大満足の「綿向山ハイク」 | トップページ | 国宝 朝光寺から往復!3月の「三草山ハイク」 »

最近のトラックバック