« スリル満点!大満足の「赤子谷左俣遡行ハイク」 | トップページ | まだまだ真冬だった!雪と霧の「暁晴山ハイク」 »

兵庫最南端の1000m峰に登る!「黒尾山ハイク」

P3220262
昨年12月に「ふるさと兵庫100山」90座達成以来、残る10座が県北部や宍粟の山々ばかりのため休んでいたが春を迎え、再開することにした。 91座目は兵庫最南端の1000m峰「黒尾山(くろおやま)」、360度の素晴らしい展望が望める山だ。
_c__users_keime_appdata_local_packages_m
今日のコースは
野々隅原登山口(山崎町)→林道→黒尾山→林道→野々隅原登山口
*左回りに周回
活動距離 6.5km、高低差 360m
P3220241
【9:40】我が家から1時間半ほど中国道・山崎ICを出て、北に県道429号線を走って上ノ下から林道川原山線へ野々隅原の大国農場先の黒尾山林道入口に駐車する。
P3220242
「黒尾山」への登山口標識を確認する。
P3220247
【9:50】出発準備を整え、黒尾山林道のチェーンを乗り越えスタートする。
P3220251
林道の両側にはミツマタの花が咲き始めていた。
P3220257
中には満開に近いものもあり、心を和ませてくれる。
P3220263
標識に沿って緩やかな上り坂の林道を進む。
P3220269
【10:24】林道と別れ、沢沿いの山道に入る。
P3220273
【10:30】急斜面を登り、尾根に出て稜線を進む。
P3220279
馬酔木の花もまだ蕾だ。
P3220283
稜線を進むと深い霧が立ち込めてきた。
P3220284
【14:06】スタートから51分で山頂広場に到着する。
登山ルートは登ってきた西側の野々隅原からのルートの他に東側の一宮町西安積からのルート、北側の波賀町上小野からのルートがある。
P3220291
標高1025m「黒尾山(くろおやま)」は「ふるさと兵庫100山」「宍粟50名山」にも選定され、360度の展望の良い山として知られる。
P3220285
展望が良い山として知られるが今日は深い霧に覆われ、立派な方位盤も整備されているが残念ながら周囲は何も見えない!
P3220295
山頂には役目を終え廃墟と化した無線中継所が建つ。
P3220301
【10:49】何も見えず、寒い!早々に下山することにした。下山ルートは北側の「小野登山口」を目指し稜線を進み、林道に合流後左折し「野々隅原登山口」に回り込むことにした。
P3220305
霧深いスギ林の稜線を下る。
P3220308
【11:01】林道に出た。当初の予定は右だが左のルートに近道の文字あり、つられて左折した。
P3220310
【11:03】程なく谷へ下る「宍粟50名山 林道コース」と書かれた標識あり、右折する。
P3220313
これが正規のルートなの?荒れた急斜面を慎重に下る。
P3220316
【11:16】間違ってはいないようだ。広い林道に出る。
P3220319
デカいカエル数匹発見!何というカエルかな?カエル以外にも鹿の群れにも遭遇!一人で歩いてるとビックリします!
P3220321
周囲の山々がうっすら見えてきた。
P3220324
またもミツマタが疲れを癒してくれる。
P3220335
広い林道に合流し、清らかな河原山川の源流に沿って進む。
P3220338
【11:55】スタート地点の野々隅原登山口に到着する。
近道の二文字につられて変更した下山路だが、距離的にも大差なく、最初の悪路に時間を費やし予定より時間がかかってしまった。
要した時間はスタートから2時間5分、今日は天候も悪く、2座踏破を目指すためにピークハントを優先して林道中心のコースを歩いたが、次回は好天の下、一宮町の方から歩いてみたい。

« スリル満点!大満足の「赤子谷左俣遡行ハイク」 | トップページ | まだまだ真冬だった!雪と霧の「暁晴山ハイク」 »

日帰りハイキング」カテゴリの記事

ふるさと兵庫100山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スリル満点!大満足の「赤子谷左俣遡行ハイク」 | トップページ | まだまだ真冬だった!雪と霧の「暁晴山ハイク」 »

最近のトラックバック