« 国宝 朝光寺から往復!3月の「三草山ハイク」 | トップページ | 天国から地獄!「とんがり山」「西寺山」ハイク »

スプリング・エフェメラルを求めて「金山ハイク」

Imgp3015

春本番を思わせる良く晴れた土曜日、いつもの山仲間で篠山市と丹波市の境の「金山(きんざん)」に向かった。

今日の目的は「金山ハイク」だけではなく麓の大山宮地区で保存されている「スプリング・エフェメラル」=里の春を告げる花々を観察することだ。

P3090041

【10:15】追入登山口横の駐車場に到着。人気のスポットだけにやっと一台停める事ができ、出発準備を整える。

P3090043

【10:23】追入登山口から登山道に入る。

Screenshot_20190309191713_1

今日のコースは

追入登山口→園林寺跡→分岐→金山→鬼の架け橋→分岐→大乗寺→追手神社(山野草観察)→追入登山口

活動距離 5.2km、高低差 309m

P3090057

【10:34】今にも崩れそうな石鳥居をくぐり、シカ除けガードを開けて山道に入る。

P3090063

春の到来を告げる馬酔木の花が満開だ。

P3090065

道標も多く、良く整備されたコースを進む。緩やかな上り坂が続く。

P3090068

見通しの良い場所に来た。篠山市側大山荘を望む。

P3090074

【10:58】「園林寺(おんりんじ)」跡に到着。

P3090082

【11:04】「鬼の架け橋」や丹波市方面「鐘ヶ坂公園」との分岐を山頂に向け直進する。

P3090089

【11:09】スタートして45分で標高540m「金山(きんざん)」山頂に到着。山の会で登った以来2年半ぶりだ。

Dsc06532

山頂はかつての城址だけにフラットな広場となっている。 ㈶大山振興会の皆さんが「金山城物語」を紹介する新しい案内板を立てていた。

Dsc06534

「金山城」は明智光秀が丹波攻めの際に「八上城」と「黒井城」を分断するために築いた城だ。来年の大河ドラマの主人公は明智光秀と聞く。その中で紹介されるかな?

少し早いが春の日射しを浴びて昼食タイムとする。

Bp1820700

今日の参加者5名で記念の一枚。いつも元気なメンバーです。

Dsc06524

天候にも恵まれ山頂からの展望は良い。北側には案内板があり、黒井城址を見る事ができる。

Dsc06529

南側、篠山側には遠く八上城址を望む事が出来る。

P3090091

【11:56】下山スタートする。

P3090093

崩れかけてはいるが石垣が残る。

P3090096

すぐに「鬼の架け橋」横の大きな岩が見えてきた。

P3090103

歌川広重の浮世絵にも描かれている奇岩「鬼の架け橋」に着き、岩に登って記念の一枚。

Img_20190309_120455_1

大岩上から見下ろすと丹波市側の国道176号線が見える。

P3090101

元気な女性軍も岩に登って記念の一枚。

P3090115

【12:15】往路を少し戻り、分岐を大乗寺に向け下山する。

P3090122

植林帯の中、荒れた林道を下る。

P3090124

【12:36】大乗寺ルート登山口のシカ除けガードに来ると「作業道崩壊のため金山登山禁止」 の案内あり。少し崩れてはいるが危険は感じなかったなあ!?

P3090126

【12:37】「大乗寺」境内を通り、歩を進める。

P3090133

長閑な田園地帯を進むと梅の花が満開だ。

P3090139

田んぼのあぜ道にはふきのとうがたくさん顔を出していた。

P3090142

ふきのとうを採取する奥様たち。

P3090149

【12:49】「大乗寺」山門を進む。

P3090178

【13:08】のんびり散策し「追手神社」に到着する。2年半前山の会で訪れた時には昼食を取り、皆さん銀杏を拾った思い出の場所で境内には国の天然記念物に指定される「千年モミ」や「夫婦イチョウ」で有名な神社だ。

j神社周辺の「大山宮」地区では「大山宮天然物保存会」の皆さんの手により「里の春を告げる花々」=山野草が保存公開されている。

Imgp2998

神社の塀の上に日を浴びて群生する「ユキワリイチゲ」。

Imgp3013

「アズマイチゲ」の群生は地区を代表する花で市の天然記念物にも指定されているそうだ。

Imgp3022

初めて見る「セリバオウレン」。

P3090171

保存地区には進入禁止のロープがあり、山野草を紹介する看板が立つ。

Imgp3035

群生する「セツブンソウ」。

Imgp3026

暖冬の影響で例年より開花は早く「セツブンソウ」も満開時期を過ぎているようで元気がない。

Imgp3029

「キクザキイチゲ」。

これらの花々は「スプリング・エフェメラル」と呼ばれる。春先に花を付け、夏まで葉を付けると後は地下で過ごす一連の野の花の総称で「春の妖精たち」とも言われる。

Imgp3011

「リュウキンカ」も美しく咲いている。

P3090183

「大山宮地区」を後にして「金山」を眺めながら登山口の駐車場に向かう。

P3090184

【14:00】ガラガラになった駐車場に戻る。時間がまだ早いので丹波市側に回って古い「鐘ヶ坂トンネル」を訪ねて見ることにした。

P3090194

「新鐘ヶ坂トンネル」を通り、丹波市側の「鐘ヶ坂公園」に向かう途中の「鬼の架け橋」ビューポイントから山上を見上げる。望遠レンズを持ってこなかったが先ほどの「鬼の架け橋」を確認できた。

P3090196

「鐘ヶ坂公園」に車を置き、明治のトンネルに向かう。

P3090198

昭和42年に開通した昭和の「鐘ヶ坂トンネル」。今は通行止めになっている。

P3090201

続いて明治16年に開通した明治の「鐘ヶ坂隧道」。

P3090204

国内5番目の古さでレンガ積では最古だそうだ。ここもこの先、通行止めになっている。

ハイクに山野草観察、古いトンネル散策と盛りだくさんのハイクもこれで終了、散会した。

Uさんに教えてもらった「大山宮の山野草」はこれから「イチリンソウ」「ニリンソウ」「ミヤマカタバミ」などが咲くようだ。家からも近く、また訪ねてみたい。

« 国宝 朝光寺から往復!3月の「三草山ハイク」 | トップページ | 天国から地獄!「とんがり山」「西寺山」ハイク »

日帰りハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スプリング・エフェメラルを求めて「金山ハイク」:

« 国宝 朝光寺から往復!3月の「三草山ハイク」 | トップページ | 天国から地獄!「とんがり山」「西寺山」ハイク »

最近のトラックバック